スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はっちゃけ

乙女なげやり
三浦 しをん
4872338596


web上で連載されてたものをまとめた日常エッセイ集らしい。
この人のエッセイは面白いと聞いて読んでみた。小説の方はしばらく前に『むかしのはなし』が合わなくて挫折、『格闘する者に○』は以前読んだがサラッと行けた。

山中の村での郵便局でのエピソード、ほのぼのしてていいんだけど民営化されたらこんな親切してくれる余裕はないだろうなと思った。以前出先で局長含む二人体制の所に行き当たってイライラしたな(書留ぐらいスッと出来てよと)
若い男二人の旅番組そういやなさそうだな、食べっぷりで料理のおいしさをアピールできるのでは?は確かにそうかも。氷川き●しが肌を見せないのはこき使われすぎで脱いだら痛々しいからでは?と勝手に推測。
この著者ホ■漫画・小説も好きみたいだが『白い巨塔』感想、自分の弟とその友人の仲良しぶりへの危惧、妄想を見て、そういう思考回路・楽しみ方なのかと少し勉強になった。

トイレ開けっ放しでしても諦められてるなんて相当寛容な家族だな。
オタクで下世話なのも適度にはっちゃけててとても笑えた。


スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。