スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美女と竹林

美女と竹林
森見登美彦
433492624X


日常業務の傍ら、竹林の手入れに行くという体裁をとった虚実入りまじりエッセイ?
幼少時に竹藪の近くに住んでいた頃の蚊とムカデの多さのせいで、竹林に憧れる心境がどうにもわからないという個人的事情はおいといて。

小説よりはファンタジー色のない妄想話という印象だった。
登場人物たちは結構いいキャラしてるなあ。
作家ってそんなに販促活動頑張るものなんだ、という驚きはあった。
取り止めが無さ過ぎて、笑いはあれど面白いかどうかよくわからない。
小説とのギャップをエッセイで楽しむ、という意味では面白味に欠けるかも。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。