スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宮尾 登美子
4120039358

織物に取りつかれたような男の人生と、その周囲の人々を描いた話。
彼の下で働く人々、本妻、妾、仕事を始めたころからの小間使いの女(ずっと想いを寄せている)の
なかなか大変な振り回され方が印象的。
抱えるものが器を越えてしまってる悲劇。とくに仙の立場はよく居られるなと。
出来た登場人物が多いせいか、テーマの割には濃厚さとか迫力は思ったほどではなかった。



福田総理には急に辞めるイメージはなかったな、キレやすそうとは思ってたけど。
今の状況では誰でも同じだろうな。
「あなたとは違って客観的に見れる云々」がギャグに見えないのはこの方のキャラ故か。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。