スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍びの国

忍びの国
和田 竜
4103068817


内部で小競り合いの中、織田信雄の軍勢が伊賀の忍者の里を攻めてくる、という設定。
伊賀忍者はハットリ君なイメージしか無い(え!?)のですが、アクションシーンは目に浮かぶ感じ。
同じ国でも出し抜くことはあれど連帯感ゼロ、金が絡むと目の色変わる伊賀忍者。主役はただ嫁さんに認められたいだけ。
かたや織田方も家臣の心中はバラバラで、信雄は父親コンプレックスでなめられてる、というベタベタしてない設定がポイントなのかな。
軽く読める話だった。

評判のいい前作はどうなんだろう。今回珍しく直木賞候補は一冊も読んでないや。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。