FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブラビ一哉後編

ザッと感想

九条ルートは、前編で危惧してたような暗い展開でなくてよかった。
九条からの電話を「がんばってね」みたいにさらっと切るむぎと、「切ってんじゃねーよ」と即座にかけ直すようなやりとりは絶妙だ。
気が強くて何気に天然な女の子に振り回される突っ張った男という組み合わせが好きなもので。
いざとなると九条の方が腰が引けてる展開はよかった。
EDは両方が幸せそうでなにより。祥慶の学費って九条が働いて払えるレベルなのかとは思った。
「変わらない日常」は救われなさに暗くなるが、その後で「転機」を見ると、前向きな姿勢でいい感じ。

瀬伊もセカンドだと、警戒心を与えないうようじわじわしたやり口ながら押しが強いな。
むぎの携帯で一哉を挑発したり。
麻生を呼び出して愚痴る姿は女の子ぽい感じ。
ケーキはともかく、アイス20個もやけ食いしたら、太る前にお腹壊すよ。虚弱イメージとはかけはなれてるよな。
つきあってやる麻生もいい奴だ。片方焼肉の後だったのに。
セカンドEDは一哉とかぶる印象もあり。

インターバルが、上記2人を振るタイミングをずらすことで出るので、なかなか出なかった。
九条が佐原の下で働いてる事吐かせるのどこだっけとか。

春タンは、今回ぐらいの感じが好きだな。食事云々のくだりや寒いポエム、EDなど。

他のルートばかりやっていて、一哉分少なく感じたが。
弱弱しいながらも色々開き直ってると言うか、本気モードでむぎに気を遣いすぎてないには萌えた。
しかしむぎも、元カノ関連でそんなことも訊くか。知らない方がいいこともあるよと。
むぎ絡みで仕事で簡単に妥協する一哉もあまり見たくはないな。

エピローグ、元カノ話で意識手放してしまいたかったあたりが、恋愛初心者ぶりが出てるなと。
最後の英文は依織だと思って部分部分の単語でかなり笑ってしまった、あれでこそ依織だと言う意味で。

温泉は、5人揃ってるのはやはりいいな。
自分だけが呼び出されたと早合点後落胆する幸せ思考、眠るむぎの横で静かにするところだけ息が合う所など。
依織には笑わせてもらった。
冗談の通じなさ、目ざとすぎて瀬伊にまで気味悪がられるところとか、
温泉でドッキリはセクハラ過ぎるなあ。「期待して何か問題でも?」と開き直ったり。
「一体何を食べてるんだ」と言われた麻生の素朴さも際立ってるな。
有料放送など見た事は無くても一般常識だろう。
脱ぐのが早い=脱ぎ慣れてるという発想が毒されてるが、「むぎに聞かれたらどうする」と返るしなあ




スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。