スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランケット・キャッツ

ブランケット・キャッツ
重松 清
4022503971


使い慣れた寝床の毛布をお供に、二泊三日でレンタルされる猫を媒介にした人間模様を描いた短編集。
温かみはありながらも、人間の弱さ痛さを突くような話が多く、読後感もどこか苦い。
目に見える事象と表裏一体にある、見落としがちな視点のいぶりだし方は相変わらず上手いと思った。
個人的には「身代わり」と「旅に出た」話がほんわかして好きだ。

ペットショップに並ぶ動物たちもどこか痛々しくて見てられないのだが、この猫たちの生き方も寂しそうなのが印象的。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。