スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリアの月

マリアの月
三上 洸
4334925855

子供の頃殺人事件を目撃したせいで襲われ、障害者となり暮らす施設に、画家がやってきて絵画の才能を開花させ始める。
そのグループの面々が活動を楽しむ様子や、早々と登場する黒幕たちの慎重さなどは読んでて楽しかった。‘慈善的NGO’が持つ闇の部分などもありそうな感じ。
後半になると、成功者の割に飼っている手下が物騒すぎるとか、カーアクションがアクロバティックに過ぎるあたりが好みに合わなくなってきた。
ラストの締め方はその先を感じさせてよかった。

スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。