スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青年のための読書クラブ

青年のための読書クラブ
桜庭 一樹
4103049510


とある女子高の辺境の地‘読書クラブ’の百年を描いた連作短編集。
どことなく『マリア様がみてる』を思い出しながら読んだ(あちらは乙女の花園の部分を前面にしてるなイメージだが)

女子校もの特有の閉鎖的世界が醸し出すグロテスクな部分を楽しむ話だろうというので、その手の話が苦手だと辛いかな。あと一人称“僕”の女の子も。
一話目の王子育成計画なんかに見える、少女的な夢見がちな世界を斜めに見てる部分にはクスっとした。
最終話での収集の仕方は結構好きだ。

ドラクエ4~6はDSでリメイクか。5はSFCどころかPS2でも遊んだのでもういいか。6はよく覚えてない。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。