スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな熊が来る前に、おやすみ

大きな熊が来る前に、おやすみ。
島本 理生
4103020318


自分を見せるのが苦手、相手にも今ひとつ踏み込めない。そんな女性達が主人公の恋愛短編集。
いずれも暴力的なものに苦しめられた経験のせいか、淡々としつつもどこか重い。「全部自分のせい」とまでは思ってなくても、縮こまってしまう感じが。
表題作の本心をぶちまける場面での“大きな熊”の意味するところ。
2話目などは、最後に「そう来るか」と驚いたが、やり方がストレートでないだけに余計怖いと思った。
3話目はまだ穏やかだが、3人の共通点がわかりやすくなってるなー。猫が怯える理由がそっちか。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。