スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪魅の雫

ディープインパクト3着でしたか。前の方でレースしてたのでうーん…と思っていたが、世界最高峰はそんな簡単なものじゃないですよね。

邪魅の雫
京極 夏彦
4061824384

久しぶりの京極堂もの。陰摩羅鬼が文庫版でも1200円なのに驚き。
疲れのせいか、人死はバタバタ出る割に話が展開しないせいか、良い入眠剤でございました。おかげで遅々として進まず。
続きはちょいねたばれ。
今回の黒幕というか元凶が、「こういうのが一番性質悪い」の典型例に思えました。
邪悪というほどでもなく、普遍的に存在する弱くて醜い部分が起こしたというのに切なくも共感できる部分もあり、その分犯人がショボく見える事も確かで。
前半のうちに誰なのかとか、動機のアウトラインは見えるので、どういうエピソードが来るのかと期待していたのですが、
榎さんが「肚を括る」「辛い言葉を言う」というのに納得できるような話がない分消化不良気味。

エピローグの行動を最初にしてればと言うと身も蓋もないですが。榎さんの締めはやっぱりシンプルだし、漢を見せた。

薀蓄少な目・中禅寺が出張る余地があまりなかったせいか、憑き物落とし部分が今回少なめかな。大元の小物感も相まってその分カタルシスは少ないかも。

過去作品のような「凄み」が影を潜めてる気はしますが、陰摩羅鬼よりは良かったです。

スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。