スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bランクの恋人

こんなに急に寒くならないで~
ひきかけの風邪が一晩で治ってなにより、処分品の風邪薬もバカに出来ません。
布団の中でぬくぬくでなけりゃラジオなんて聴けやしない。

Bランクの恋人
平 安寿子
4408534803


意地悪目線で書かれた恋愛短編集。
自己愛の強い人間には特にグサっとくる表現が多い。愛情に関しては「ケチンボ」な自覚はあるので、利息までは求めないと思うけど。

個人的に面白かったのは表題作。モテることが何より大事な男のしょーもなさがありがちで面白い。
モテるための努力が仕事にも生き始めたが、代わりに向き合いたくなかった自分のウブさに傷ついたり。
でもこの主人公の開けっぴろげな正直さは嫌いではないし、へこんだままで終わらないラストは好きだ。世の中の大半はBランクなのは事実なわけで。

2話目も好きだ、お調子者男としっかり者女房が結婚を決めるシーンが、古き良き時代の漫談のようで温かい。
終盤の「愛の口稽古」が「それより強力な口説き文句」に転がされるのが全てだな。


スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。