スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘタレゲーマーなひとりごと

やっとこ阪急百貨店のセールに行って来た。
サンダル試し履きしてたら押しつぶされそうだったよ。

ファミコン本体を買ったとき、ボタンは四角でゴムだった。
本体と共に買ったのはマリオブラザーズとナッツ&ミルクだった。
その前にゲームウオッチの「ドンキーコング」と「ミッキー&ドナルド」も家にあった記憶がある。ポパイやパラシュートのやタコのもやったような気がする。ただ良く覚えてないけど。
誕生日に買ってもらったスーパーマリオを、弟や友人どころか両親にまで先にクリアされてしまった屈辱。結局8-4までクリアできたのは1回だけだった。あれだけやりこんだのに。
アクション激ヘタレな自分は結局ドラクエやポートピアを機に、アクション必須なゲームはほぼやらなくなった。
ただここで新たな難題が。迷路が苦手なことが発覚したのだ。
ドラクエ2は終盤の迷路の落とし穴に切れて結局挫折、弟の後ろでEDを見せてもらう。オホーツクも、最後の女の子を助けに行く迷路で30分ぐらい手こずり、弟にやらせたら2分ぐらいでクリア。さすがにすこしへこんだ。
その後は、やるゲームを選んでたせいか慣れたのか、そういう事もなくなるうちに、そんなに複雑で長い迷路もあまり出てこなくなったような。
ちなみにドラクエは1~8の2のみ未クリア。FFは4から10-2まで

スーファミの時代ってあまりゲームやってないな。DQ、FF、MOTHER、マリオ物ぐらい。
PS時代に入るともうなじみのシリーズか、パーティソフト、シンプルなスポーツ物しかやらなくなったな。
DQ8面白いと思いながら、戦闘長いのにうんざりして、試練とかやらなくなったあたりが歳取った証拠かも。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。