スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美女と竹林

美女と竹林
森見登美彦
433492624X


日常業務の傍ら、竹林の手入れに行くという体裁をとった虚実入りまじりエッセイ?
幼少時に竹藪の近くに住んでいた頃の蚊とムカデの多さのせいで、竹林に憧れる心境がどうにもわからないという個人的事情はおいといて。

小説よりはファンタジー色のない妄想話という印象だった。
登場人物たちは結構いいキャラしてるなあ。
作家ってそんなに販促活動頑張るものなんだ、という驚きはあった。
取り止めが無さ過ぎて、笑いはあれど面白いかどうかよくわからない。
小説とのギャップをエッセイで楽しむ、という意味では面白味に欠けるかも。
スポンサーサイト


宮尾 登美子
4120039358

織物に取りつかれたような男の人生と、その周囲の人々を描いた話。
彼の下で働く人々、本妻、妾、仕事を始めたころからの小間使いの女(ずっと想いを寄せている)の
なかなか大変な振り回され方が印象的。
抱えるものが器を越えてしまってる悲劇。とくに仙の立場はよく居られるなと。
出来た登場人物が多いせいか、テーマの割には濃厚さとか迫力は思ったほどではなかった。



福田総理には急に辞めるイメージはなかったな、キレやすそうとは思ってたけど。
今の状況では誰でも同じだろうな。
「あなたとは違って客観的に見れる云々」がギャグに見えないのはこの方のキャラ故か。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。