スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうふく みどりの

こうふく みどりの
西 加奈子
4093862060


タイトル・主人公は14歳の少女ということから、牧歌的な話を想像していた。
下町を舞台に、女系家族のまあるい空気に取り込まれそうながらも、停滞した空気が何となく居心地が悪くて。
その部分が徐々に語られていく構成が面白かった。
主人公緑も、表面上ははスレてながらも朴訥とした子という印象だったが、“初恋”を契機に子どもながらも女だなと思わせられ。
間に挟まる棟田さんのモノローグ、緑の祖母や母の物と思われる告白なんかが女の情念と言う感じで良いスパイス。
追えば逃げまたはその逆の行き違い。異性への愛は特にエゴの塊でもあるよなと。
スポンサーサイト

シンプルな字は難しい

DS美文字トレーニング
B000ESIFNC

ようやく買えた。最初は中の中だった。が、がんばろ。
滑りやすいのでどうしても横線が歪んでしまう。
自覚より右上がりの癖が強かったな自分。

今年は早くもクラニンプラチナだ、去年はぎりぎりゴールドだったのに。主動機がDSで+Wiiならそうなるか。
PS2の調子がもう一つ。2月ごろゲームソフトを結構処分したのだが、PS2ソフトに結構傷が入ってて値下げされたんだよな。かざしてみたら確かに仕方ない状態だった。
そのせいでPS2ソフトは気軽には買えないもので。

VitaminXはコンプして結構面白かった。アペンドストーリーやマニアックボイスもなかなか楽しめた。
声も皆合ってて目に見えてなんだかななキャラも居なかったし。一部喋り方が受け付けないのはキャラの問題。
でも萌え系はしばらくいいや、ADVに飽きてきたのもあるけど。
遙か4は評判がよければ買うが、基本普通のゲーム好きに戻れそうだ。

見かけたのでやってみた。
【 憧れ男性ちぇっく http://checker.from.tv 】


ailchaさんの憧れの男性について
渋く真面目な感じの男性が好みなようです。

それでは次に、それぞれの項目について詳しく分析をしてみましょう。まず、雰囲気ですが、ailchaさんの場合大人しい落ち着きのある男性が好みのようです。
次に知的属性評価ですが、普通の常識をもった男性が好みのようです。
そして、割と真面目な男性が好みです。小さい頃学級委員長などに憧れたのが初恋といった感じです。
男性の体型に関しては、割と細い男性が好みのようです。しかしながら太って無ければ良いよ。という寛大な感じもあります。

さて、見た目からみた男性的な傾向ですが、時に男らしい男性が好みなようです。昔、男子の制服姿にグッと来たタイプです。
次に顔的な好みですが、割とほりが深いような欧米人の様な顔が好みなようです。
そして、割と童顔が好みなようです。まあ一般的な女性の平均です。

そんなあなたにオススメなのは…

1位 平井堅 (271.6点)
2位 松山ケンイチ (269.6点)
3位 岡田准一 (269点)

結構当たってる気はする。岡田君の顔はかなり好み。
ただ学級委員系の子は苦手だったな。良くも悪くも自分が正しいと疑わないタイプが多くて。
落ち着いてるのがタイプと言えばそうだな。
ついでに制服でもスーツでもきっちり着こなしてるのに弱いのも昔から。

流星の絆

流星の絆

4062145901


正直今回は外れだった。
まず前半の詐欺のやり口が陳腐で古臭いので脱力したが、“親の敵”に近づいてくくだりや、証拠ねつ造もかなり安易で緊迫感も感じられない。
“意外な犯人”も、登場人物少ないしハナからそいつしか居ないじゃんという。
動機と結果以外は酷い犯人の割には、苦しむ描写が少ないのもすっきりしなかった。
無理に後味の悪くない結末に仕立てなくてもよいのでは。
美味しいハヤシライスは食べてみたいなあ。


フルキスのDVD発売イベ、東京と京都か。
おそらく限定版のみ対象と思われるのでスルーかな。

もう誘拐なんてしない

もう誘拐なんてしない
東川 篤哉
4163267107

ヤクザの娘の狂言誘拐という一見いかつそうな設定とはうらはらに、脱力系な青春もの。
親分をはじめとする組のメンツが揃って抜けていて、その娘二人の方が威勢がよいのがいい感じ。
舞台を地方に設定したのも活きてる。
時代の変化とともに使えるトリックも変遷するのだろうな。
トリックはアナログでシンプルなゆえに却って虚をつかれた。

ジーン・ワルツ

ジーン・ワルツ
海堂 尊
4103065710


テーマは婦人科医療。
官僚制度のある種の愚鈍さが医療崩壊を招いたことへの怒り、現実に追いつかない法律、出産が本来命がけの事業である事を忘れて多くを求めすぎる患者への苛立ちなど、著者自身のメッセージがストレートにぶつけられている印象。主人公の女医の語り口はなかなか爽快。
医者の視点と報道等で伝わってくる問題の微妙なズレが面白くもあり考えさせられもした。

キャラもクールウィッチにマリア、体制派的な教授に中間的な先生と対比がきわだってる。
5人の妊婦の事情やその顛末などは、これくらい荒唐無稽にした方が書きやすいのだろうな。デリケートな問題だから。
日曜日の番組で見たこの著者、結構面白い人だな。

ビタエボプレイ状況5

二階堂
クールそうなのに面倒見良いのはともかく、ふーふーして食べさせるのには驚いた。
悟郎の他B6への女の子的な妬みや、樽の中から登場するところは笑えた。
「真田先生をください」を選んだ心の声はシンクロするなぁ。
EDで真田が「どちらも好きだから困ってる」のはいかにも小犬でかわいい。なだめながら抑える悟郎もいい役だな。てかこのルートでは取り合わないんだ。
「今のままでは幸せにできないから強くなって五年後待ってろー」と瑞希に語るのはちょっとほろ苦い。
食当たりした一を岡崎が介抱するのを見てちょっと好感度が回復した。そういう救いがないとあんまりだわな。

九影との会話で泣きそうに弱気なのとか、相手の望みは叶えたいがこちらは多くを望まない的なスタンスにはどうも弱いなあ。理屈が出来ると途端に強引になるところがまた。

葛城
恋愛というより、境遇の話が多かった。
小遣い200円で空き缶貯金とえらい落差。
鳳が相変わらずバイオレンスなところや、見回りの先々で遊ぶ姿が面白かった。しまいには「地球外生命体」扱いされて。
悠里が手マイクoffスイッチで脅すところは面白かったが、あれどういう仕組みなんだ?

永田って「永遠の21歳」だったんだ(笑)
占いや免許証をダシに探ろうとしても「翼とはいつも最高の相性で調整」ってどんなパラメータだ。
プレゼントの編物を「子羊育てるところから」
73でも64分けでもいっしょじゃん。

ED
翼の心根がまっすぐですがすがしいな。
英語がルー語みたいで格好いいシーンでも吹いてしまうけど。
誰よりも幸せを願目に薔薇の香りがしみるかー。パーフェクトEDの本気告白もいいな。
葛城は、悠里に耳引っ張られたしなめられてるのもかわいいが、「これからの自分を見てくれ」なノーマルEDのが格好よい。


これで一通りED×3を見た。
萌えは少ないが、途中のギャグが面白かった。その時恋愛対象じゃないキャラ達のかけあいは楽しかった。キャラが立ってるのでバカサイユも職員室も一種の珍獣ランドになってて。
設定がありきたりでぶっとんでるので、シナリオがもう少し掘り下げられてた方が好みだったかも。
担任が美形にミーハーなのはまだ良いが、いくら一生懸命でも女の視線で教え子を見てる部分はちょっとわかっててもひいてしまった。

これからまったりアペンドED開くかな。

ビタエボプレイ状況4

九影
他ルートでは大人の印象だったが、わりと少年のまま大人になった印象。
プレゼントにもとりあえず男らしい物ばかり浮かぶのとか。そういう部分を気にして縮こまった所を励ます葛城とのやりとりとか。葛城てたまにすごくいい所みせてくよな。

EDは瞬とのハゲ返し合戦や、悠里置いてきぼりで告白妨害との攻防戦に盛り上がってるのが笑えた。
「瞬が髪を切る」の件は面白かった。

悠里ボケすぎだ(笑)
テニスコートに誘われたとか、薔薇を差しだされてもスルーして傷つけたり。

クラスXの学級会は小学校みたいだ。クラスA委員長代理がトゲーで自分で日直やれだの整理整頓しろだの。正論の清春がタジタジで、今日も平和と肯く担任って。


スマートだが辛い過去が抜けきらないまま笑顔で距離を置く男。
ブラックさが笑える。
猫の前で桶屋の話をしたり、双子の妹のどちらが一番かを選べとせまったり。
「象が踏んでも壊れない女性のしたたかさ」とか、衣笠とのWブラックキャラ会話は結構ひどいな。
「そんな無慈悲にみえる?」に即答できるし。
微笑みのオニアクマだし。
一が家族と離れてる理由にかなり脱力した。そんな暗くないのはよかった。

EDは甘ったるいタラシ台詞全開だ。「時間薬と恋薬」と言うのもベタだな。
父兄の前で一と同レベルで取り合うのは意外だったが。
他キャラの応援合戦が、葛城の居場所がらみなのは切実だなあ。

戸村飯店青春100連発

戸村飯店青春100連発
瀬尾 まいこ 小池アミイゴ
4652079249

1歳違いの兄弟が、高校卒業を機にそれぞれの道を歩み始めようとする青春もの。
アンソロジーで読んだ物は第一話になっている。
下町のああいう人情味は、思春期ぐらいだと特に重たいこともあるだろうなあ。
互いの存在をコンプレックスに思いつつも気にかけ、経験から成長するうちに気持ちを馳せるところや、反目しあってるようでも理解している部分は温かい気持ちになった。
個人的には兄貴の方の欠点が刺さる。
ポカリを全部置いてくべきところでも半分分けるところとか、真剣味に欠けるところとか。
本質は簡単には変わらないが、新しい自分を見つけながら折り合って在るべきところにむかう終わり方は爽やかだった。

ビタエボプレイ状況3


一見良い子で懐こそうなのほど手こずるというのを地で行ってるなと。
こう病んでる子ばかり引きつけてるのは痛々しかった。やってられないのはよくわかるぞー。
試験教科どころか遠足の日まで間違えるほどの記憶力と
鳳先生の天然ぶりと葛城先生へのバイオレンスが印象に残った。
兄貴肌はともかく、編み物がはまりそうなオカンなところはおもろいな。

このルートの主人公は、早い段階で意識し始め、女の部分が勝ち過ぎてるのがなんだかなー。


やっかいそうな印象だったが、意外そうでもなかったな。
話的にはありがちだが
いきなり買収仕掛けるところにはかなり笑った。
サッカー部への嫌味目的のためにドームを作るというユニークな友情表現とか。

このルートの葛城先生はウザさもありつつ、よく周りが見えていて男前やな

壮絶なセンスのアイテムには笑った。
直立不動の等身大真壁チョコは。

2人を肴にした他B6の会話というのはもっと見たかった。ここでは見守りモードなんだな。
この子のバ金持ちの方向は、割と子どもの発想と言うか無邪気なのが微笑ましかった。
それだけに卒業式にヘリから薔薇の花びらを散らし、悠里を連れてく為にパリに兄弟校を作らせるというオヤジなところに驚き。平均点9点とかそんなに帝王学学んでなさそうなのにいきなり系列会社束ねるってどうなのとか。
永田さんいいよなー。ムチャ振りにもスマイルで献身し、いざと言う時に理路整然と庇ってくれるところが素敵だ。

これでB6は一通り終了。T6は残り4人。
甘い台詞より、B6が感謝と尊敬の念をたたえ、「いつまでも僕の先生」なノーマルEDが一番萌えます。
設定はありがちなので、もう少し掘ってくれるなり意外性があればなーとちょっと思う。


ハル誕は見た。寝かせないとか夜に掻く汗とかの後に笑った、ジャージに変わってるjのは芸が細かいな。はるタンはいつまでもそのままでいてください。

狐火の家

狐火の家
貴志 祐介
4048738321

密室殺人をテーマとした短編集。

純子と榎本が、捜査の過程で可能性を片っ端から潰していくやりとりは軽妙で楽しめた。
表題作は古典的な密室だが、他は変則的。『黒い牙』と『盤端の迷宮』では題材の扱い方とトリックには驚かされた、実用性は別として。蜘蛛はともかく、将棋やチェスは分からないのでピンとこない部分もあった。
話的にはあっさりしすぎてあまり面白くないのが残念。


昨夜は純情ロマンチカとネオアンジェリークを何とはなく見ていた。
純情ロマンチカはBLものってすごいなと初っ端から思わされた…
色んなものすっ飛ばしてそうな展開という印象だが、思ったよりは面白かった。主人公女の子っぽいな。

その後に見たネオアンジェリークはおとなしく見えてしまった。
乙女ゲー(未プレイ)原作だと知らなければ、二昔まえの少女向戦闘ものに思える。
攻略対象が多そうだな。

ビタエボプレイ状況2

真田先生
悠里に小動物扱いされ、邪魔する会・見守る会とに生温かく見守られるいじられっぷりはかなり笑えるシナリオだった。
腹黒さを表に出した瑞希にいいようにからかわれ、寒いひとり芝居を披露し、二階堂先生との関係を誤解され、酔っ払っての告白など、笑いながらも不憫さを感じる箇所も多々あったが。
確信犯前面スキンシップの瑞希にはちょっとひいた。
このルートの悠里は、天然で鈍いというより、瑞希と真田が取り合ってる場面にも冷めてるのが勝ってるだけなのがいいよな。
翼のバカネモチネタは面白いな、かぼちゃの馬車を作ろうとするとするトコとか。



プライドが高いのか低いのか、食べ物と金に釣られるワンコキャラぶり
補習受けるのに「時給いくら?」、きちんとノートとるのは食券と交換のためだったり、
拾ったお金の取り分にタマを入れるかの一との攻防、札束を枕にする翼も、それをガメる猫もどうなのよ。
素で間違いアドレスを教えて「しまった」なのはかわいいなと。
ただ、やらかした事はどうにもいただけないというか、普通見捨てられるだろう。自ら手を下すのでなくて他人にやらせるのが尚更。


悟郎
以前広告見た時、この子の絵が担任だとずっと思いこんでいた。
いざ対象にして見ると想像より手こずりそうな子と言う印象。
天真爛漫で、清春の嫌味も通じてないパワフルさがよい。
高飛車な啖呵を切る
チアガールの下トランクスって!ブルマとかふんどしとか大真面目に議論する他メンバーも変だけど。(鳳先生が特に)
二階堂と葛城の漫才めいたやりとりがよかった。二階堂の冷徹なツッコミが的確過ぎる(笑)
随所で見せる二階堂先生の健気さにはちょっと萌えてしまった。
ゴロちゃんと二階堂の入替りや、悠里との二人ドレス、一どころか永田まで犬と会話など、笑えるけどなかなかシュールなルートだった。
髪切っても女の子に見えるんですが。
喋り方がいまひとつ受け付けなかった、男に戻ってからが特に。
個人的には春タンよりずっとウザかった。

ペースが遅いのは純粋に時間が無いのと、フォントが見難いので目が疲れやすいせいです。
EDより途中のギャグの方が楽しいわ。



本屋大賞のノミネート作品、10冊全部読了してた自分はやはりミーハーだ。
どれもエンタメという意味では楽しめた。

逆転…検事?
御剣イトノコのコンビが主役か。ど、どうなんだろ(笑)。変に萌え系に走られてたら嫌だな。
御剣が探偵役なのは大いに魅力的だけど。
wi-fiダウンロードありならバンドブラザーズも気になる。

Re-born はじまりの一歩

Re-born はじまりの一歩
伊坂 幸太郎 瀬尾 まいこ 豊島 ミホ
4408535257


このタイトルを題材にしたアンソロジー。季節的には合うかも。
テーマがテーマだけに「イイ話」ばかりだったのだが、ページ数は足りない印象。

伊坂作品は上手いなと思った。
「家族解散」の日に来たナンパメールに乗っかる話。
犯罪者の方が結構常識人で、話が斜めな方向にずれて行くおかしさは相変わらず。
とりあえずどこかへ行きたい時には、この方法も悪くないのかもと思う一方、やはり何処へ転がるかも大切だよな。

瀬尾作品は、兄貴の方の寂しさを理解してからが本番なのだろうなと言う気がしたが、この家の名字からして、新刊がその話なのだろうか。

200804022016492

20080402201649


久しぶりにソフトクリームが美味しい気候だった。
哲学の道です。

区切り

フルキスの公式ブログに終息宣言が出ていた。
はっきり書くんだな~と思いつつ、最後まで付き合った的な達成感めいた物もあり。
この後の展開、は個人的には別にいいかも。
移植にしても、DSGS2で追加要素が面白くても、きちんと遊んだゲームを繰り返す辛さも味わってるのと(モチベーションがやはり違う)、
ラブラビとイベントでちょうどお腹いっぱいなのもあるので。
なんだかんだと言いながら楽しませてもらいました。

バカな男ほど愛しい…のか?

ビタエボは
清春、瑞希、衣笠先生それぞれED×3を見た。

清春は、あの手の込みまくった悪戯にはとりあえず敬意を表する。身幅が1cmずつ違うドレスはどうやって測ったのだろう。
真剣な告白を受けてると思いながら、「美形が近い…」な悠里にも笑えてしまったが。
バスケ部がらみで筋の通ったところを見せたところはよかった。
高校生らしい可愛い部分もあった。
あの口調は、ああいうキャラなんだろうけど苦手だ。
卒業後も乗り込んで、現教え子の前でラブシーンするのはやめれ(笑)
その手のウザさを見せられると速攻別れたくなりそうだな。(飽きるまで放さなそうだが)

瑞希は、ああいうキャラの後だからか癒されるところもあり。
あの反応の薄さ、バイトのモデル、時々ぼそっと核心を突くところなど、某リーフムーン氏を思い出してしまったり。ファックスの仕組みが分からないなんて変なボケ方
トゲーにまで嫉妬して拗ねてる部分なんか可愛いなと思ってしまった。
清春の時と比べて他のB6がやさしい感じがする。
攻略時以外は、普通の気さくな兄ちゃん達でバカサイユに溜まってる場面が楽しそうだ。ここだけ見てると超問題児な感じがしない。
EDはやはり校門前でラブシーンすか。この手のキャラって告白となると、情熱的なのはともかく、いきなりキザな言葉連発でびっくりした。

衣笠先生は、この人は何者なのでしょうか。
清春攻略時からドSなオーラを漂わせてたが、清春や他教師陣の怯え方が。
職員室は仲良さげで楽しそうだ。
清春の悪戯が、本人ルートの時よりずっとシャレにならなさ加減がすごいな。取られそうなのでそれだけ必死ということなんだろうけど。
ノーマルEDの夢には、悠里逃げてー(もう遅いけど)
パーフェクトEDはかなり笑った。もっとじわじわと絡め取るイメージだったので、あんな騙し討ちかよと。神父Verな清春がいい味してた。

このゲームもかなりのぶっとび設定なので好き嫌い分かれそうだな。
システムはかなり快適だ。既読スキップもクイックセーブロードもかなり使える。
声重視派の人たちは、DSよりPSPが普及してれば…な気持ちにもなるかも。
楽しんでいるが、このノリは対象年齢はやはり中高生あたりなのだろうな。


エイプリルフールネタは、円谷プロとアイレムのに笑わせてもらった。
たかがエイプリルフールになんでそんなに力入ってるのだろうと(いい意味で)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。