スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警官の血

警官の血 上 下
佐々木 譲
4104555053


戦後の混乱期~現代に渡る警官親子三代の話。
読ませる話だった、ミステリーとは違う気もするが。(初代の話で誰が殺したか暗に言ってるし、動機も捻ってない)。警官でも三人職種が違うと、話も変わって飽きなかった。必ずしも親父の背中を見て、という熱さがない部分も良かった。もう少し話が濃厚だったらな。

下町の駐在として荒んだ時代を生き抜きながら、市民との交流も描かれという初代の話が一番好みではある。一市井の人間というのが感じられて。この人が一番まっとうだったな。
二代目は公安の潜入捜査官として、学生運動のアジトに潜入。想像力が働かない世界だが、普通の人だったのが段々壊れていく過程、駐在に配属されて微妙に不向きなゆえの掛け違いが展開に生きてた。
三代目は捜査四課の新人捜査官としての日々がメインの、ある種青春物語だが、最近読んだ『悪果』と比べながら展開を想像してしまった。真の悪を捕えるのに何処まで許されるかというのはあるな。
初代が殺された件の使われ方がサプライズだった。殺す必要なかったのではとも思うが。これが『血』ということか。
スポンサーサイト

いまさら

今頃になって松川さんのシングルを聴いた。
なんかこう、感慨深い。
思いつめるというか完璧主義的部分は相変わらずあるものの、前向きになった分だけ押しが強くなったなあ。
「大切にさせてくれ」という言い回しにらしさを感じつつも、「今は結婚という未来に希望しか持てない」などと言う日が来るとは。
今の状態を抜け出して舞台復帰、という目先の目標はあっても、その先の“未来”がカテゴリーに無いキャラという印象だったので(なんかひどい事言ってるな)。
曲もイントロからコレが松川さん?みたいなポップさ。アイドルポップスが様になるようになったんだねとしみじみ。

悪女について


悪女について (新潮文庫 (あ-5-19))
有吉 佐和子
4101132194


偽宝石を売りつけたり土地や家を巻き上げながら、女であることを生かして成り上がっていく女性を、20人以上の語り部の話で描写する話。
時代背景的なせいか、どこかふわふわしてて、そのことがこの女性の存在を成り立たせてるように思われる。「まああ!」という口癖が似合う儚げなひとというのはインパクトあるから。
してる事があくどい割に、悪者にならずうまく事を運ぶ手連手管が奇想天外だ。
お金を集めては、ひたすら豪奢で美しいものをひたすら求め続けて死んで行くという生き様はある意味あっぱれだとは思った。楽しんではいても、幸福感の乏しさも感じられた。
亀田兄の謝罪会見、あんな神妙な面持ち、ちゃんとした謝罪会見も出来るんだなと見直した。20歳そこそこの子をよってたかって叩く方が醜く見える。より強くなった姿も見てみたい気になった。


もろもろ

ビーズログを読んだ。
DS版GS2は新キャラの一人が出てたが、前髪が厚くてキザそう、セレブ設定らしい。ひとつ年上の先輩というのはそそる。最後の一年がなかなか会えない系距離感なら更にいいな(本家2のマネージャーみたいな)
画面写真の佐伯のリアクションは面白そうだ。ハートがピンクやら青やらやたら飛んでいるのがなんとも。
1の方の天童っておもしろい服着てるんだね。合わせて1の廉価版出ないかな。
期間が長いので、事故チューみたいにフラグが最初にあって股がけしにくいシステムは勘弁してほしいものですが。

フルキスは、依織シナリオのサブタイトルもキザだなー。ライバルキャラがいかにもな感じなのが意外だったが。幼馴染なら、後からぽっと現れたむぎより先に救ってやれなかった時点で…とか考えたら話が終わってしまうな。コメディでドロドロにはならなそうだ。
ラプリ同士のライバルは固定みたいだが、九条はどのルートに出てくるんだろ。
イベントは3月16日でちょっと先だな。会場結構大きな所で驚いた。

新情報の突き抜け具合を楽しむDUELLOVEのページを見たら、覗いて息吹きかける(湯気を飛ばすらしい)まで来ると、ネタとしてもちょっと笑えないかも。顔がやたらピンクなのはともかく、格闘技してるならもっとしっかりした身体にしようよ。

そろそろWiiも欲しい所だが、マリオギャラクシーのCM見たら3D酔いしそうだ。
FC版以来でちょっと楽しみだが、DQ4ってPS版の時点で追加要素あったのね、DS版がネットでは予約ストップの所が出てきてるみたいだ。

ブラックペアン1988

ブラックペアン1988
海堂 尊
4062142546
「バチスタ」シリーズ番外編。
大学病院内の策謀、新技術導入などにも直面する、新人医師の成長物語でもある。
シリーズキャラもそこかしろに登場。(どんなキャラだっけというのも居たが)
素直で少し損な役回りのな新人医師、正反対の性質の2人の凄腕医師、いかにも一物ありそうな教授と、相変わらず漫画的なキャラ立てだ。
シリーズ中ではキャラは少し弱いが、話のつくりがシンプルなせいか読みやすい。
どうしても患者視点から離れがちな現状を皮肉りながらも、それぞれが背負う因縁や覚悟がぶつかる締め方で読後感はよかった。

悪果

悪果
黒川 博行
4048737279

裏経済紙の主宰者にネタを流し、強請った上がりをはねたり、情報源に見返りにデータを流し、そのネタで実績を作り、格安の‘特別料金’で飲み歩き…やってることはヤクザ世界の話みたいな、マル暴担当警官の話。
全体に漂う爛れた雰囲気など読んでてしんどい部分はあるが、結構面白かった。
捜査能力はあるが、調子に乗ってるようなのがどこかムカついて、「どのように破滅するのかな」というのを楽しみに読んでるところもあった。
裏金作りのために偽領収書に自筆させられ、自分の小遣いは自らのシノギで、など妙なリアリティを感じさせられる。
登場人物の大阪弁が泥臭い感じなのが、裏社会の雰囲気を増長してるなあ。

三面記事小説

三面記事小説
角田 光代
4163263403

不倫相手の妻への嫌がらせ・殺人依頼する女、親友が変わった寂しさからその想い人を憎む女子中学生など、「自分が幸せでないのは他人のせい」みたいに、思いつめて視野を狭めてしまう女性の鬱屈した感情の動きの描写は相変わらず巧い。
一線をすんなり乗り越えて、邪魔者排除に動いてしまえる刹那感というか、ある種の「シンプルさ」が怖い。
最後の話はかなり痛々しいが、主人公が男だとこうも悲壮感に違いがあるのはどうしてだろう。


東野圭吾原作と、白衣眼鏡姿の福山雅治につられて『ガリレオ』をみたが…テンポがたるかった。話がなかなか動かないとどうしてもダレてくるのよね。原作は読んでないやとスタッフロールで気づく。
唐沢寿明のカタカタ切れてるのと、女刑事クラリスとか、最後の流れは面白かった。

亀田一家…まさかボクシングの試合で投げ技を見るとは思わなかったが、これを機会に良い方向にやり直せればいいのかも。

様子見

ゲーム雑誌を見てると、気になっていた乙女ゲー達が食指が動かない方向に行くものが多いかも。
パレドゥレーヌはシステムと着替え模様替え反映無がひっかかり様子見。
メモオフ女版は、男視点で男同士の友情も見れるなどがひっかかる。男同士のかけあいは、女主人公視点で見れる所が良いんだけどな。

Wii fitはちょっと興味はあるんだけど意外と高いな。面白そうなら本体と共に買うかも。

ザ花フルキス読んだ。
一哉の王子振り全開という感じだな。松本での調査では手際の良さを見せ、むぎが気弱になるのを気にかけては励まして、足に湿布まで貼ってやり。
言動は甘くなっているのに「鈴原」呼びなのはなぜだろう。
次回最終回か。前回今回と駆け足展開だったのはやむをえないんだろうな。

女王国の城

女王国の城 (創元クライム・クラブ)
有栖川 有栖
4488012272

このシリーズは初めて、アリスが作家のは読んだことがあるが。
外界から遮断されたお屋敷(今回は新興宗教団体の施設)に閉じ込められて、その中で連続殺人発生、内部を捜索していく…という古典的展開でありつつ、蘊蓄部分のせいかSF風味入っていたり、途中で冒険活劇したりしている。
外界からの遮断にちょっと無理を感じていたら、1961年生で30前?携帯は?時間軸がバブル期なのね。
件の団体のどこか緊迫感に欠けるちぐはぐな行動、無関係かに思える不可思議な出来事が説明されていく筋道なんかは、面白かったし見事だと感心した。
前作らしい事件の事もたびたび言及され、江神が犯人の心理に辿り着けた理由など、シリーズの他作品を読んでおいた方がベターだったのだろうとも感じた。
500P二段組はさすがに長いし、展開の割には、探偵(江神)が皆を集めて推理開帳の場面があっさりしている気もする。

映画篇

映画篇
金城 一紀
4087753808

当方あまり映画観ない人間で、タイトルにある作品たち一つも観てません。ローマの休日ですら学生時代の自習時間に観ただけで。それでもすごく良かった。全話がちょっとずつリンクしてて、全体的に青春してる。
そんなだから、特に一話目の男子中学生達が、映画三昧しながら絆を深めていく描写に理解できないところもあった。家庭事情や、将来に道が分かれて行くことに由来する切なさもどかしさみたいなものが伝わってきていいなとおもった。
一番好きなのは最終話。こんなに密なイトコ関係(しかもそれなりに大人)はないだろうとは思いつつ、タイトル通りハートウォーミング。
祖父母の馴れ初め話がいいなあと思えたし、おっとりした主人公とのらりくらりした教授、役割分担して上映会を作りあげ、その中で未来の方向がほの見えたり。「泣き」を売りにする話より、こういうテイストの方がじわじわくるなあ。


PS3の廉価版は、PS2の互換機能を切るのか。家のPS2が最近ちょっと嫌な音がするので、互換有のまま安くなれば…と思ってたのだが。

DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ「京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」
B000P06YXM

CM見て気になってるのだが面白いのかな。
数年前までは、親の影響で十津川シリーズは殆ど読んでいたんだよな。この人の本、句読点は多いが読みやすくはある。昔のは面白かった。値下がりしたら買うかも。

交渉人/交渉人 遠野麻衣子・最後の事件

交渉人 (幻冬舎文庫)
五十嵐 貴久
4344407636

文字通りの二時間サスペンス。
女性キャリア警官が上司に思いを寄せていたが、不倫の濡れ衣で左遷。
月日は流れてコンビニ強盗が立てこもり、現場でその上司と再会。犯人との交渉。
前半は交渉術のマニュアルをわかりやすく書いてあって、タイトル通りだなと思ったが、前半の方で予想できた顛末まんまだったな。冒頭の伏線そのままで。
追跡パート、犯人達の語りパートが長いので映像化しやすかっただろうな。
遠野警部が前を向いて歩き去って行くエンドロールが目に浮かぶようだ。
交渉人 遠野麻衣子・最後の事件
五十嵐貴久
4344013778

冒頭が前作の後日談から始まるので、読む順番が逆だとまずい。
教祖釈放を求め、都内で爆破事件を起こすオ○ムをモデルにしたような宗教団体との息詰まる攻防。
前作とは異なり展開にスピード感があり、相変わらずサスペンスの映像が目に浮かぶような臨場感。
パニック描写がちょっとありえないだろと思ってたら、ニュースのチェーンメールの記事を見て案外ありかなと。
やはり犯人との対峙シーンが想像しやすい。遠野警部の自説披露や、犯人のモノローグで同じ文言が繰り返されてるのが、ページ数稼ぎみたいで気になった。
新しく仲間ができて、シリーズ化していくのかなあ。


トップランナーで某森見氏の姿を初めて見たが、ほぼ作品から想像してた通りの感じだった。公務員というのが意外だった。
司会者による朗読は必要だったのかなとは思う。

越境捜査

越境捜査
笹本 稜平
4575235881

エンタメ本としては面白かった。
程よい緊迫感もあるし、場面も次から次へと転がる。
志のある人が縄張りを越えて協力し合う話とはちょっと違うけど。むしろ関係者が片っ端からすさんでたり、次々出る警察組織の汚さに気が滅入ってくる。
顛末は良くありそうな感じだが悪くなかった。
黒幕が薄っぺらいのが気になった。身体検査流行りの状況が連載時にかかってれば、別の展開になってたのかな。

アペンド

フルキスの公式サイトが更新してた。
アペンドはDL販売なのか。正直ちょっと面倒くさいかも。意外とスペック必要なんだな。高速ではないADSLな身には不安要素だ。(ケーブルテレビのせいで光が来ない)
各々のサブタイトルは相変わらず笑わせてもらった。麻生のあれでいいのか?
せっかく細かく分かれてるので、最初の麻生シナリオを遊んでみて他もやるか決める事にしよう。
と思ったら、落とし切りではないの?プログラム起動にいちいち接続必要って…
ituesのモノローグは気が向いたら。
で聴いてみたが、幸せになって良かったね。大人になったなぁというのが感想。
台本のむぎが大道芸人の方に行ってしまうというくだりに笑ってしまった。
この麻生ってプロハスラーになってるのかな?

やはり2008のイベントもあるのか。
予告から漫画の方もあと2~3回で終わるんだろうな、松本みたいだし。

乙女ゲでちょっと気になるのはユア メモリーズオフGirl's Style くらいかな。
正直乙女ゲーに飽き始めてるので、今までとガラっと違う物を求める気持ちはある、薄さや変な手抜きを感じないもの。
DUEL LOVEは某所での動画で爆笑したが、さすがに勇気が必要過ぎる(いろんな意味で)。

予定日はジミー・ペイジ

予定日はジミー・ペイジ
角田 光代
4560091005

ある妊婦の妊娠発覚~出産直前を日記風に綴る話。
妊娠をめでたく思えなくて、周囲のテンションについて行けずブルーになったり、突然色んなものが受け入れられて開けたように前向きになっていく過程がリアルっぽく感じられた。
つわりでの癖の描写とか、ネガティブな主人公とどことなく能天気な夫の組み合わせもちょっとコミカルで楽しく読めた。

Rのつく月には気をつけよう

Rのつく月には気をつけよう
石持 浅海
4396632878

男女3人の友人がゲストを招いて飲み会をし、ゲストの抱えるちょっとした問題を解き明かす短編集。
頭の良さも必ずしも人を幸せにするわけではないし、男女の心の機微がクスッとしてしまうのだが、それ以上に出てくる食事や酒が美味しそうだ。
順番に読んで最終話はやはりミステリーなんだなと思わせられた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。