スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボラ

メタボラ
桐野 夏生
4022502797

いろいろ詰め込みすぎで長かったが、面白かった。
記憶喪失の青年が「何もない」ところから持ち物を増やしていく部分は楽しかった。状況の割に暢気というか生命力があるなのは、沖縄の土地柄がそうさせるのか。その沖縄の問題も、方向性が見えない部分がわかりやすかった。
転落の入り口はどこにでも転がっているのだというのと、その過程が薄ら寒かった。男性に多い不器用さがすごく痛い。
記憶を取り戻してからの絶望と、その前後の二重性ゆえの顛末。あれからどこへ行くのだろうかと思わせられた。
スポンサーサイト

常夏のリゾ☆ラバ

ひっかかるところがないというか、別にフルキスでなくても…という話だった。笑い前面でなくてもいいんだけど、遊び心が物足りなかった。期待していた夏―!な感じとも違ってた。
悪くはないが、笑いも萌えも少なめだと寂しいなあと。

vitaminXもDS版が出るのか。プレイヤーキャラが生徒相手にミーハーな教師というのが引っかかってたが、DSなら購入意欲出てくる。ラスエスも続編か。このジャンルも移植・続編流行りだな。ムスコ育成ゲームもちょっと気になってる。

月9プロポーズ大作戦のノベライズ本を最後だけパラ読みして、てっきりあのまま結婚してしまうんだと思ったのでちょっとびっくり。
「きちんと手放してやるのも優しさだぜ」的台詞の文脈を読み違えてたか。

果断―隠蔽捜査2

果断―隠蔽捜査2 果断―隠蔽捜査2
今野 敏 (2007/04)
新潮社
この商品の詳細を見る

前作に続き、堅物で‘変人’なキャリア警察官僚が、事件捜査の過程で警察内部の事情や人間関係の壁を痛感しながら立ち向かう話。
竜崎という主人公は、相変わらず人間味があるのかないのかわからない。鈍感さが味なんだろうな。妻の入院という事態を受け、考え方も変わって行く。
監察官の事情聴取あたりは、この追い詰め方が現実での嫌な部分を思い起こさせる。
事件の方は後半に急展開、ありそうな話なのだが、状況がどんでん返しになる過程が面白かった。



DsLiteの新色を店頭で見たが、落ち着いた色だし指紋は目立たなそうだ。ネットでの画像ほどの高級感はなかったように思う。
コルダ2も続編が出るようですね。アニメやプレイ日記見た印象では、1から遊んでればシステムが合えばハマったのかもしれない。買った人の感想次第かな。
DS常識力をやってると、物知らずなのを改めて自覚するとともに、クラシック音楽の知識がほぼのだめかコルダ経由だ…ははは。

鹿男あをによし

鹿男あをによし
万城目 学
434401314X

個人的には『鴨川ホルモー』よりとっつきやすかった。
全体通して思ったのは、そんなに鹿が好きですか。
奈良公園の鹿のふてぶてしさの描写がツボだった。
つかみから、my鹿乗っていて駐禁とられたとか、いきなり鹿が話しかけてきたりで笑わせられた。
剣道部の試合で延々と引っ張るのかと思いきや、謎解きファンタジーに移行。きれいに収束してる。
ラストはちょっとロマンティックだ。

うーん

フルキス公式更新。
イベントの東京の方のムービーはコントみたいだ、面白いけど。
九条は麻生と同じく振り回される担当なのかとちらっと思う。
ビーズログ見たが、同居解消後だからか家政婦パートはないのか。
絢子はなんとなく勘に障るが、理事長ルートに出て来るのか?まさか‘ライバルキャラ’ではないだろうけど何かありそうな。

久々に萌えゲーをしたい気分なのだが、付録DVDのPV見てもう一つピンとこないというか。経験的にPVで合わなそうだったら、大概合わない。
乙女以外で探すかな。

首無の如き祟るもの

首無の如き祟るもの
三津田 信三
4562040718


おどろおどろしい題名だが、きっちり書かれた本格系推理小説の趣。
サプライズとして引っ張られたネタが、推理アドベンチャーゲームみたいでつい気が緩んでしまった。
色々散りばめられすぎというか、見せられ過ぎで却って騙された。計算合わなくてもやもやしてはいたが。展開は少々もっさりしているが、この手の本でこんなきっちりしたの久し振りだ。
やはり圧巻は終盤の探偵の推理だ。あんな所まで細かい伏線があり、状況が二転三転、こんなオチがくるとは。

長野殺人事件

長野殺人事件
内田 康夫
4334925537

長野だからか、メインは浅見ながら竹村警部も出てきます。もう少し出張ってほしかったな。初期の竹村警部や岡部警部出てくるの好きなんだ~。
登場する知事が風貌まで前知事がモデルらしいのは置いといて、まあいつも通りなわけですが、たまに読むとなんか安心する、読みやすいし。

全サCD

radioフルハウスキス デュエットシングルスペシャル、面白かった。
冒頭からいい具合にキャラが壊れてて、あれだけ人数居ると迫力あるなあ。
恋愛相談は、コンビに対する相談内容自体に笑えた。
中泉は奥さんの状況に勘付いてない設定だったのかとか。緊迫下でない理事長や中泉はああいうキャラなんだろうな。
皇でも‘春の陽射しの下で’みたいな爽やかな恋愛を見てみたい気もする。

いたストDSが気になっていたのだが、wi-fiコネクタがまだvista未対応のようですね。あのゲームはソロプレイ仕様には思えないが、コンピュータのキャラが立ってれば違うのかな。
ゼルダ可愛いけど、CM見て自分にはこなせそうにない気がする。

放置していた応援団2、詰まってた果敢電車男をあっさりクリア、で今は激烈のヤイダとvistaで止まっている。

双生児

双生児
クリストファー・プリースト 古沢 嘉通
415208815X


第二次世界大戦下での、英国とドイツの間の出来事と、翻弄される一卵性双生児(イニシャルも同じ)の話。
最初の百ページほどを寝落ちしながら読んでたのがもったいなかったな。史実上明らかに嘘である記述と、あやふやな部分が分離し、錯綜し、狙いがぼんやりと見えかけた頃にまた混乱する、と。あのあたりの歴史に詳しい人なら違うかもしれないが。
双子やら替え玉やら、思わせぶりな部分が多くそこでも惑わされる。
双子であることの相克と一人の女性とをめぐる三角関係。プロパガンダ下にありつつも、戦士たちも一市井の人間であり、歴史上の政治家も人間としての存在感がありどことなく親近感(キャラが立っているとも言う)。一国の首相や副総督とああいう会話出来る立場ってどんな!?と突っ込みたかったが。

後で解説を見て、落ち込んだり凄さに目を見開かされたり。翻訳者もなかなか大変だろうなぁ。
現在上映中の『プレステージ』は面白いのかな。

シュレック3試写会

このシリーズ初めて観ました。
オールボケキャラのドタバタコント風味。
おとぎ話のキャラをたくさん登場させてますが、元ネタしらないのもちらほら。細かく笑う感じなのかなあ。
子供向きなようなそうでないような。
シュレックが浜ちゃんまんまの喋りで、おとぎの世界という気がしないよ。‘イマドキの女子高生風味’な喋り方の多用も気になるところ。

きみはポラリス/あやつられ文楽鑑賞

きみはポラリス
三浦 しをん
4104541052

ポラリスというのは北極星という意味らしい。
恋愛短編集ですが、直球ではない。お題は王道そうなのが並んでいるが。
最初と最後がつながっているが、こういう話が一つぐらい入ってそうだと思ったらやはり。こういうのはなかなか気づけない、胸に秘めたままなのが良いのだよなと。『夜にあふれるもの』もしかり。
『優雅な生活』‘共同作業’か。ロハス生活への皮肉目線も人それぞれ。
『春太の毎日』冒頭部分は、斜め上なポジティブさが某ゲームの同名キャラを思い出させてクスリとした。なぜいきなりパイプカット?なぜこんな切ない立場?と思ってたらそういうことか。大きな愛だ。

あやつられ文楽鑑賞
三浦 しをん
4591097838

文楽にハマっている様子が楽しく読めた。
『仮名手本忠臣蔵』などの作品紹介が、うまく漫画チックに解説されててわかりやすかった。登場するダメ男への考察、時代背景ゆえの登場人物の行動や、物語展開の飛躍ぶりへのツッコミには思わず笑ってしまう。

ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋
海堂 尊
4796657541

タイトルを見て、女帝的なキャラが現れるのかと思った。『ナイチンゲール~』(未読)と対になる話らしいですね。
「事件は会議室ではなく現場で起きてるんだ」「報道ヘリは飛ぶのになんでドクターヘリは飛ばないんだ」なノリだったな。
白鳥の影は薄かったが、田口の成長が著しく、何よりも速水が良いキャラだった。ああいう潔さはいいな。沼田の当てこすりには笑わせてもらった。
いい大人の男捕まえてチュッパチャプスはないだろと思ってたら、こういう伏線だったのかと。
終わりからして『螺鈿~』の直前の時系列なのか。あれより話に広がりがあって面白かった。

回転木馬

回転木馬
柴田 よしき
4396632770

この作家の作品初読。
ドロドロした部分を流した昼ドラみたいだな。
女性陣の気位と、その底にある暗い想いみたいなもののバランスが良くて読みやすかった。最後の主人公の、いい人になりすぎない率直さに好感をもった。
きれいに終わらせるにはああするしかなかったんだろう的な、デジャヴな展開だけが気になった。

アペンド

フルキス公式更新
アペンドは大方の予想通りだったが、PCというのが予想外だった。(PS2しか頭になかった)
面白そうなんだが…アイドル系衣装(理事長は年齢の割に頑張ってるよな)にも吹いたのですが。
詳細待ちかなぁ、他乙女ゲみたいにしばらくして移植もありそうだし、何よりバグが面倒なイメージ。(良い思い出がないらしい)
ドロドロしても各キャラが嫌な奴になり過ぎない(キャラが壊れない)仕様と、一哉の女性問題ネタは食傷気味なので、せめてむぎにガチンコさせるか、コメディ仕様にして欲しい。それから皇ルートみたいに、乗りかえないと落とせないキャラがいるのも嫌だな。(九条がこのパターンとかありそう)
必須条件が‘仲良くなる事’と‘付き合うこと’では全然違う気がする。

祥慶フェスDVD発売イベント

1回目行ってきました。
アットホームで笑いに包まれた、なかなか楽しいイベントでした。
笑うそばから内容を忘れてるうろ覚えメモ。

more...

祥慶フェスDVD

ざっと観たが面白かったです。
去年はこういうアホな要素が足らなかったんだよな。ドラマ部分はアドリブ連発だったようですが、チームワークの良さが伝わってきて楽しそうだった。その後でCDも聴いたがこちらもこちらで楽しかった。

応援合戦も絵的にすごかったし、噂の猫耳メイド姿もハマり過ぎてて笑いました。ピョコピョコした動きが可愛かった。
ライブパートもデュエット部分は見てて楽しかった。歌い方がややキャラじゃない部分もあったけど、ライブってこういうものだよな。
全体的にこれ以上ゲーム世界離れると個人的にはちょっとついていけなさそうですが。

特典映像。前夜祭はラプリ3人とはるタン曲のソロ曲PV。片思いVer.なラプリにちょっと萌え、はるタンって結構S?と思ったり。
麻生は相変わらずかわいそうですが、むぎや依織がさり気にひどいのにウケた。
フォトギャラリーはネタ系じゃなく、どちらかと言えばサービスショット系なんですね。

昨日DVDプレイヤーが使用中だったので、PS2(型番30000←何年前?)で観ようとしたら、3枚目しか読み込まなかった。容量なのかな。昨年のも、家にある他のソフトも再生できたけど。
参加券目的で先日初めて足を踏み入れたのだが、修学旅行生らしいのがたまに持ち歩いてるのを見てて、若い子向けの店か土産物屋の袋かと思ってたら,あの青いのはアニメイトのだったのかと今更。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。