スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず

進行状況
佐伯・クリスED1・2、志波ED2・5、氷上・針谷ED2・3、天地・若王子ED1~3、真咲ED2、隠し・姫子ED1、女子×4ED1、音成ED1・2

ラクロス部と吹奏楽部はまだ未経験。
佐伯と針谷のスチルはなぜかスカスカです。氷上、天地、若王子のアルバムは埋まってます。

あとは完全攻略本が発売されてからかな。
個人的には前作のほうが好きで、今回今ひとつやりこむ気になれないのです。
もともと、現実離れしてたりエキセントリックだったりするキャラがふと見せる、(嫌な感じに)リアリティーのある言動というのが好きなせいもあるでしょうけど。
普通っぽいキャラが並んでると、キャラに人間味があってもイマイチ萌えないのです。
それと難易度下がったのが大きい。高嶺の花をしゃかりきになって落としたかったです。


今日は学生たちの夏休み最後の日なんだね。
自分は夏休みの宿題は、自由研究と日記以外は7月中に済ませる子どもでした。最初だけは無駄にやる気があったんだよね。
ただ、苦手な工作や家庭科などを親に手伝わせる代わりに、夏休み終盤は弟の宿題を手伝わされてました。
そんな家多そうだな。
スポンサーサイト

温室デイズ

温室デイズ
瀬尾 まいこ
4048735837

タイトルからほのぼのした話だと思ったら、イジメ日記みたいな感じ。著者の教師経験が反映されてそうな話。
昔も校内暴力が吹き荒れていたらしいが、今の学級崩壊もこんな感じなのでしょうか。この舞台の学校は大概な荒れ方です。
自分の出身中学も、入学数年前まであったクーラーが壊されたとか聞いたな。

学年で1~2クラスしかない鬱屈感は大変そう。人数多い学校で育ってよかった。
この主人公のようなわかりやすいイジメでも放置されるから、自殺者もなくならないんだなーと。
相談室登校→学びの家・カウンセリングとゆるやかに堕ちていく危機感には妙なリアリティーを感じた。
卒業直前には皆揃う過程も、何かありそう。

回収作業は気が向けば

1年クリスマス直後からやり直して、若先生の枕投げやっと見れた。
相方は氷上、先生の相方はクリス。
「怒られるのが嫌だから」とか、こんな所までシュールかましてどうするんですか。
ヒムロッチは「零一さん」呼びもキュンと来るのに、この人は先生呼びの方が良いのはキャラ的なものかしら。

無駄にバランス型高パラ主人公を作ってしまうので、特に隠し攻略時なんか先生や天地が障害になり易いんだよな。瑛はそうでもないのに、というかあまり出てきてない。
下校無視&5つ爆弾破裂でも友好な天地って。

そういえばメモカ2枚使いを間違えて、真咲攻略時のデータ飛んだ事があったな(涙)。EDと志波手伝いスチルは直前データで回収したけど。その真咲志波の幼馴染会話も、GW中毎日外出で最終日に出てきてちょっとムカついたんだった、はは。

ひと区切り

女の子4人、3年初めからやり直してED1×4を回収。それぞれらしいEDだったと思います。
とりあえず全員のEDを1回は見たので、おめでとうスチルが出ました。
結構かっこいいなあ。前作のは微妙だったけど。
姫子だけ黒板絵でそれはそれで可愛い。

今のところ、先生と赤城君が同率ぐらいで好みです。
女の子は密さんのインパクトにもってかれました。
笑顔で「落とし前」とか「スジを通す」とか。
チョビちゃんが掌で転がされてるのがおもしろい。

GS2プレイ状況

ハリーED3、当て馬佐伯にするつもりだったが先生が来た。
自意識過剰気味なところが可愛い。事故チューのとき「自慢になる」とか冗談ぽく言ってたが、EDのは、ファンがウザイ位な設定の人が言わないと唐突な感。
今回初めてカップル成立を見た。
密さんこわいよ(笑)。クリスがちょっと可哀想になってきた。
今回、「こんなつもりはなかった状態」ではなかなかVSにならないなあ。ヒムロッチ狙いで全部出してたときは、3年生は常時爆弾地獄で、4組全部のカップルが成立したが。

姫子ED、デイジーの行く末はいかに!?この人結局何歳ですか?
2月で分岐して音成くんへ。ショタ属性ゼロなのに、うっかり萌えてしまったよ。
「カップルの人は観覧車でただ座ってるだけなの?」「ジュース買ってあげるの忘れた」の辺りで、おばちゃん安心したよ。袖余りの学生服が可愛い。



チンクルの紹介ムービーみたら、思ってたのとちょっと違うかも。
FF3DSは見送りです。ラストダンジョンにセーブポイント無いままだったら 無 理 だ。

わたしを離さないで

わたしを離さないで
カズオ イシグロ
4152087196


思春期特有の痛々しさを目いっぱい曝け出しつつ、甘酸っぱくほろ苦い青春グラフィティーをお送りしています。
それだけに回想の時間軸が進むごとに、施設の正体が匂わされるにつれ、すごい哀しみが襲ってきます。
「あなたにはそれだけのことかもしれないが、私たちにはそれが人生の全部です。」という切実さが全てですね。
エミリ先生が、当事者に言ってはいけないことまで言うその偽善ぶりがそれを強調しています。

この小説の世界は、技術さえ安定供給できれば、実際にありえそうと思わせるところが恐いですね。できるようになれば、出来ない世界にはもう戻れないのはその通りでしょうしね。そしてその需要もまた切実だから。

うわ…

高校野球の決勝戦は壮絶でしたね。
8回ぐらいから見てて釘付けでした。
すごい緊張感で、いい物見せてもらったとは思うが、再試合今日で連戦ですか。両校ともに頑張れという気持ちです。

フルキスの公式更新されていたけれど
ドラマCDの値段は想像の範囲だったんだよな。発売日購入のかまいたち3より高いけど(笑)(そういえば付いてた本まだ読んでない)
ファンブックが3500円はさすがにありえないような
全サが後日談というのがまた…
おとなしくレビュー待ちします。
長年関連商品を認識すらせず、ゲームだけプレイしてきた身からすると、こういうのにはどうしても引いてしまうのよ。

シングルの視聴
松川兄弟の方のイントロに「月光輪舞曲」を思い出し(歌部分少なかったし)
一哉&瀬伊の方、爽やかとは違うと思う(むしろ歌詞エロい?)

次回予告を見て、GSでも本家のようなプライベートコレクション(水着だらけのクイズ大会)みたいなの出さないかなと思ったり。
あ、でもヤローの水着だらけは遠慮したいかな。

真咲、隠しクリア

これで、恋愛対象キャラのEDは1回は見たことになります。まず真咲、この人、すごくいい人なんだけど、ときめきは少ないな。「恋愛について」で「主人公とおとぎ話の王子がお互いを待ってるかも~」と、姫条サンを思い出すようなことをのたまった後に来たスチルイベントはさすがにキュンときた~。そういう風に想ってしまう思考回路がすごく切なかった。あなたいい人~。ボウリングで、同学年の男に嫉妬をほのめかしたり、半凶にへこんだり、ヘタレる部分がリアルなのもイイ。おせっかいヤロウな友人の電話のやりとりもおもしろかった。どうしてこの流れで(バイトで何か失敗してるのかな)になるのよデイジー(笑) キャッチ斉藤君ネタや、志波との幼馴染な会話(二人でケーキ屋行くのか)など、花屋バイトを始めた時期が遅かったせいもあり、萌えは少なくとも、その過程は楽しいルートでした。

隠しの君。王道少女漫画的な、意地っ張りなふたりの誤解とすれ違いという話でしたが、いやー若いってええなー。
2月の後半に「彼女が笑うと、僕はもう、どうしようもなく幸せな気分になる。そんな人が…僕は好きだった」みたいな事を言うのですが、それが過去形だったことにやられました。それと、所々囁き口調になるのは反則だー。
本当に、はば学の教会にたどり着いたときに爆笑したのは言うまでもありません。

氷上、志波クリア

道なりに老人ホーム→火葬場→墓地と並んでる所を通ってきたけど、すごい流れだ。全部作れる場所限られてるからしかたないのかもと思いますが。

氷上は面白かわいかったです。
自転車にメットで大ウケしてたら、無理に海に連れ出したら、あのキャップもおもしろい。
ただ、自分を押し付けすぎ、周囲から煙たがられてへこんでるエピソードをもっと出してたほうが、柔らかくなってからのキャラが生きたのではと思った。
「にらめっこ」で雑念云々といったり、初詣のとき意識しすぎなところは可愛いかな。
肉まん食べるのは意外だった。
「友達の卒業証書」とか、「彼氏に立候補」など、最後までベタを貫いてくれてありがとうという感じでした。

志波はED2を見たのですが、葉月を「男の子」にした感じのキャラだと思いました。
ナンパ撃退のときのダジャレには笑ったし、値札つきサンタブーツはある意味イメージ通りだった。
佐伯と遭遇した外出イベは、おそらく空気読んだ行動だったのだろうな。
ただ、この人の3回目会話は面白いのが多かった。探すのが楽しいキャラだと、このゲームも楽しいな。(全体的にシナリオが微妙なだけに)
この人も、野球を離れてた部分とか、ちょっと暗めな話を出したほうが置いてけぼり感少なかっただろうなと。

ザ花のフルキス読みました。
番外編のような幽霊話だったが、1の部分だけでも完結するときは来るのでしょうか。英二郎はなんか懐かしかった。

その後GS2状況

氷上ED2,ED3(この二つが2月15日から見られた、1回も課外授業・デートしてないのにクリスマスに現れた先生恐るべし)
天地ED1、若王子ED1,ED3(ED3の方が会話的に良いのですが、若王子はそうでもなかったのに、天地ふった時の言い繕う様は痛々しかった)

先生のお見舞いイベ、「無理しないと約束して」とか、付き合ってる者同士の会話に聞こえたよ。
外出イベのハリーと千代美との掃除談義が意外だった。
お盆と命日×2が重なっていたり、今年はPCの所有者が9連休を引き篭ってたりで、ネット落ち気味になりそう。

Lady,Go

Lady,GO
桂 望実
4344011953


自分嫌いで消極的な女性が、キャバクラ嬢になって、人間的にも成長していく話。
ご都合主義感はあるが、前向きで明るい話で読みやすい。県庁の星と近い路線。

あの手のかわすのが難しい性格は、長所欠点どちらにもなりえるエピソードとか、的確な努力が出来る人は、どんな仕事でも伸びていくのは層だろうなと。

主人公を囲む人達が暖かい。その影響で意識改革を施され、営業努力を覚えて伸びて行き、キャバクラ勤務で得たことを糧に、新天地へ羽ばたくラストはすがすがしい。


のだめドラマ化&アニメ化か。面白いものになってればいいな。

佐伯クリア

今までプレイしてるのは、全部事故チューしたキャラとのEDです。
とりあえずそれが本筋であろうので。

さすがメイン王子、シナリオの力の入り具合が段違いだ。
この子は、普通~友好時の、いちいち憎まれ口叩かないと気がすまない時期のほうが萌えだったな。
最初から珊瑚礁でバイトしてたら、7月の誕プレで友好になり、2年生になったとたんデート攻撃が始まったよ。花火と海の2回しかデートしてないのに。

佐伯相手の主人公は、他相手なら(「○○くん?」)とか、(どうしたんだろ…)になるところが、(屈折してるんだから)とか(拗ねちゃった、難しいんだから)など、時々相手の気持ちをわかってる節も感じられて面白いな。
やりとりも高校生同士ってこんな感じよねと思い、甘酸っぱい気持ちになる。
笑いどころ
「2人で店開けたら、いい店になるだろうな」とか、時々気の早いことをポロっと言って見たり、
「ヘンなとこぶつからないよーに」とかいちいち事故チュー意識してるところ、「キスについて」でドツボにはまってたり。
夜明けの海一緒に見ようというくだりで「やらし~」とか。
恋愛についての答え見てたら、振り回されぶりが伺えた。

パーティードレスで「胸元気になるからあまりかがむな」といっておきながら、アルバムで水着エプロンを「また頼む」と言ってることのはどうしてですか(笑)


演技については、ぶっきらぼうな感じがキャラにあってて、当初危惧してた程ではなかった。ただ、告白シーンまであの喋り方だと、かえって芝居がかって聴こえるなーと、もうちょっと何とかならなかったかなと思った。
どうしてもメイン6人は、前作キャスト陣との力量差を感じてしまいます。

しかしどうにもゲームバランスが悪いな。すぐときめくし、爆弾は登場後2年ぐらいしないとつかないし。デート後会話は3周ぐらいになるし。
藤崎詩織ばりのラスボスキャラおとしたい。
評価欄全ときめきで、館林見晴EDみたいなのとかやりたいな(今の腕前じゃ無理)。

クリスクリア

この子もかわいいですね。
優しくて、少々嫌なことを言っても、心の広いところを見せられて癒されます。
家の馬の名前と、「奥歯ガタガタ言わし足るぞ」とやって「途中で疲れた」とか言うナンパ撃退は笑った。

美術部所属で花火デートしかしてないのに、1年で好きになられたのはなんなのですが。この人普段からナチュラルに口説いてるので、ときめいた後の萌え度があまり高くないんだな。
告白は、1回断って食い下がったほうが、男気を感じられて良かった。フワフワしててもしっかりしてるみたいで。

フルキス公式、一日送れて麻生バースデー仕様になってたね(13日まで)
いおりんが瀬伊のときより心持ち優しかったのと、結果的にゴミを贈る瀬伊に笑った。

若王子クリア

2年目合宿の次週に、ヤングプリンスがデートに誘ってきましたよ。
多分、とき修行けるよね。

経過
陸上部で順調に勝ち続けている。
2年とも体育祭で1位。
成績は、1年2学期は2位、3学期から1位。
1年クリスマスは普通状態、初詣に誘ってきた。ドレスと晴れ着は準備していた(後2リッチしか残らなかった・笑)。
2月初旬に設定した誕生日は、パラを微調整してプレゼントゲット。
バレンタインは大変よくできたチョコ。
2年合宿時は友好状態、一番下にある料理。
一緒に下校するためのリロードはしてない

その頃のパラ
学115 芸192 運112 気配127 流122 魅80

バイト(花屋)4ヶ月ほどしかしてないから、服買うリッチがない

少し外出ただけで灼けつくようだと思ってたら、38℃だと、勘弁してー


で、その後とき修して無事クリアしたわけですが、
先生良すぎるよー!

ツナ缶ご飯を食べるところは葉月を想像させ、
恋愛関係の会話では、ヒムロッチと同じく脳内物質がどうとか言ってはぐらかし。

はるひとの会話で「いい歳は事実だけど、シュールはあんまりだ」とズレたところを発揮したり、かと思えば主人公に絡むキャッチに凄んだり。

デート帰りの会話なんかは、いちいちときめいた。
先生が抑えてる分、それなりに主人公が恋愛体質で、どこか禅問答。
「お互い相手が見つかって恋愛できればいいね」とかはぐらかしてすぐ、主人公に(ひょっとして…)と思わせるくだりなど。

クリスマスの主人公のかじかむ手を包み込んでるのも良かった。

なんとかならないかと思ったところは
デート場所が空中庭園、遊覧船、ダーツのループ過ぎたところ
人間性だけでなく、設定もアンドロイドじみてるのはちょっと引いた。

でもときめくことができたよ。

ハリー、天地クリア

今回は難易度が下がって、友好状態が一ヶ月ぐらいだったような。
しかもときめいたら月2回ぐらい誘われることもあって、なかなか進まない。初詣がギリギリだった人が、春にはもうときめいてる。
運動パラが90ぐらいあれば、100m走が一番無難なような。
2周目3年でようやくベストチョコができた。鈍ったな自分…。

ハリーは激しく可愛かった。
「誘導尋問なんて、ずるい大人のマネするな」
寄り添ったら「1cm離れろ、それ以上は離れるな」って。
青春小僧真っ只中。
城展示の「花嫁衣裳みたいな」着物見て、こういう時着付けてやると言ってたが、そういう背景の話出てきたかな?
志波とのニガコクが笑えた。
ココでは楽器屋バイトマスターに。
他3人のときは、女友達出し抜くパターンでやろうかな。

天地は二重人格のギャップで笑いを取るキャラだな。
外出イベントで佐伯とニアミス時には二人して猫かぶってるぎこちなさがイイ。
ナンパ撃退にジュースぶっ掛けて他人のせいにしたり、「癒し系ボーイ」にキレたり。
ときめいてからは健気モードが目立ったが、黒いほうが良いかもしんない。
チア部でマスターになるくらいだったので、学力との両立がキツかった。それでも3年2学期にはトップだったが。
フリートークは、さすがにクリア直後にはちょっと引いた(笑)。あのノリ自体は嫌いじゃないけど。

主人公は、前回よりさらにボケボケで、相手キャラに突っ込まれ「ううっ、ひどい」とかつぶやいてますが、君の方がひどいとおもうよ。
修学旅行中に誕生日設定したら、旅行終わってからプレゼント渡された。

3年の2月に「頼むよ、耐えられないんだ~」が出てきましたが、シナリオ的にはコアなんじゃないの?ルートに入らないと出ないようにして欲しかったな。

GS2を始めた

と言っても、急な来客のせいでまだ1年目の11月です。
しょっぱなから事故チューが佐伯でやり直したし。(最初からメインを落とす趣味は無い)、そのついでにちょっと遊んでみたし、基準がもひとつわからないよ。佐伯以外は唇ではない?

自己紹介シート

佐伯のとき 
制服・ショッピング・アルバイト・やさしい・カッコいい

クリス
制服・芸術・バイト・やさしい・おもしろい

天地
制服・ショッピング・バイト・キザ・面白い

志波
スポーツ・読書・恋・クール・頼れる

ハリー
進学校・芸術・クラブ・キザ・カッコいい

で、いちばん普通そうなハリー狙いです。
遊園地で3回ともハリーと乗って、はるひちゃんゴメン。

潮騒が聞こえる街

初回版の同梱CDは、ちょっとキャラに触れてから聴いたほうがいいかも。勢ぞろいしてる箇所は、聞きなれてない人の声が誰が誰だかわからなくなるのですよ。

潮騒が聞こえる街エピローグ(23分17秒)感想

チャプター1
志波が甘い物いけるクチなのが意外だった。マドレーヌを目ざとく見つける
苦手な服が
佐伯「気取った服」
志波「露出度の多い服」←佐伯が「もったいない」
針谷「フリフリしたかわいい服」←志波「嫌いじゃない」
志波のボソッと何かを言う間の感じ、葉月に近い?結構いいキャラいかも。

チャプター2
氷上は油っぽいのあまり食べない、ケーキは基本的に苦手
「運動じゃなく体力不足」って言い回しが氷室ぽい
志波は高所恐怖症。
でもジェットコースターは最初の上り部分が苦手なだけで好き。ジェットコースター氷上は苦手、佐伯は好き。

チャプター3
好きな色
針谷「黒入った赤」
佐伯「羽ヶ崎の海色」
クリス「朝日にきらきらした葉の色」

チャプター4
後片付け決めるじゃんけんに、皆後出しなのに、素で勝ってあわてる氷上。どうせ責任者だからとわざと負ける佐伯。全力で負ける天地。
先生ダーツ不敗神話。佐伯と天地も得意。
わざとじゃんけんに負けた先生、ダーツ勝負に勝ったらそのわけを教えるらしい。負けず嫌いツートップ(佐伯・天地)との勝負が楽しみなようだ。
天地がそっち系に漢っぽいのが意外だった。

チャプター5
真咲に体が小さいのに言及されるのを嫌がる天地。
ボーリングは佐伯・天地・真咲の3人とも好きなようだ。
肝試しに行こうと真咲。怖いもの大好き。
天地拒否、苦手だろうと突っ込まれるも佐伯目をそらして否定。
真咲は自分はボーリング負けないから、罰ゲームは他2人に効果あればOKらしい。






金の栞

なんとかED埋めて見ました。
婦唱夫随らしいのと、一万店に意義あり、最後の出迎えで、すっきりした気持ちで終われそうです。
陰鬱なルートばかり見てたので、前向きな終わり方でよかった。
・・・ほぼ同じテキストを3回(時にそれ以上)読まされたのには閉口しましたが。
トゥルーEDが幽体さんの大活躍というのもどうかと思ったが。

これで心置きなく明日からGS2。

ボクシングは、マスコミの持ち上げ方が鬱陶しくて少ししか見てませんが、微妙だったようで。
あの持ち上げ方と会場は日本という事で、相手はすっきり勝つ必要があったということだったのでしょうね。



地道に埋め埋め

急な予定たちが入り、かまいたち3は本当にチマチマプレイになりました。
現在53個。№79~90は埋まりました。
あとはバッドエンド回収作業なので、攻略サイトのエンディングリストのお世話になってます。

この話、1はともかく2の本筋を知ってることが前提なんですね。
メインシナリオも、哀しくてやりきれない話で思っていたより良かったです。人死出さない方向が、ベストエンドなところもお気に入り。本筋の話のボリュームがもっとあったらとは思う。

香山や啓子視点のルートが、個人的にはコミカルで楽しい。食い倒れ人形もちらつく昔風関西ノリイイ。啓子の現実的で冷めてる一方、妄想モードありなところも笑える。
ピンク番外編は、少年誌ノリのアホさが楽しいです。ポニーテールはそういえばめっきり見かけなくなったな、馬のしっぽ。

ただ、明日いっぱいで終わりそうにないな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。