スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラママチ

ドラママチ
角田 光代
4163249702


何歳になってもどこか夢見がちだったり、自己愛の強さゆえ現実を受け入れられない女性たちを描いた短編集。削ぎ落とされていて読みやすいです。
女性特有の、行き場の無いような陰湿さを含む感情が、いやな感じにリアリティ。
自分にも一部心当たりがあり、滑稽に思いながらも目をそらしたくもなる。
不倫に関係する女性が、その嗅覚をあえて磨いたり、相手方の生活をわざわざ偵察しに行くような自虐性なんかは他人事だが。
スポンサーサイト

乱鴉の島

乱鴉の島
有栖川 有栖
4104308021


孤島もの。
時代や技術が進んでも、根底に流れる普遍的な欲望や信奉などは、そんなに変わるものではないということかしら。
(出てくるトピックは現代的なのに、動機は古典的だった)
ホ○エモンもどきって動かし易いんだろうね。
きれいにまとまってはいるのだが、派手さというかパンチには欠けるかも。

かまいたちは1の部分でとりあえず完を出してみた。
ひねりがないことが裏を書いてるという事ですか?
犯人入力で別名入れたのに、いつの間にかその人を告発してるのはどうかと。(告発してもバッドEDを1回出したらしい)

続いて2も完。とりあえず生き残ってナンボですか。1回首締められたが、前に見たような話でわかりやすかった。
さて本編やるか。

あつい

今季初の35℃。昨日のほうがタチ悪い暑さでしたが。
ここまで涼しかった方が異常なんだよな。

かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相 かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相
PlayStation2 (2006/07/27)
セガ
この商品の詳細を見る


が先程届いたので、GS2までチマチマと遊びます。
アマゾンでも発売日に来るね。
読み物系特典が無ければ、中古待ちだったのだが。
ちなみにこのシリーズは全くの初めてです。何か機会がなくて。

GS2のプロモを見て、先生のボケ方が妙に新鮮でした。こういうベタなの大好き。
フルキスシングルの8月分は両方とも横恋慕系か。瀬伊は略奪ポジの方が萌えるが、人によっては切なそうだな。

かもめ食堂

かもめ食堂
群 ようこ
4344010973

中年女性たちが、外国で開いた食堂での、人々との交流を描いたちょっとファンタジックな話。
このふわふわ感は何?と思ってたら、映画のために書き下ろしたのか。
主人公が、宝くじ当選金を元手に、など地に足ついてない感じがいいのかな。
宣伝なしで、客ゼロでも日がなグラスを磨いて過ごせるメンタルには憧れる。

はばチャ

ビーズログも立ち読んできたのですが、こっちのほうが読みたい記事だったかな。
印象に残ったのは「花屋は普通ゆえに怖い」「クリスより佐伯の方がエロい。もっとエロいのは先生」「前作と比べ、最初はつっけんどんなキャラが多い」というところ。

ときめきメモリアルガールズサイドファンブック はばたきウォッチャーVol.01 リニューアル第1号
コナミデジタルエンタテインメント
486155134X

ゲーム始める前のガイドブックといった感じ。見た事ある画多し。
キャラへの「突撃インタビュー」は、攻略時のささやかなヒントですか。
キャラ造型見てると前作踏まえてそう。

家の前待ち伏せ時
志波「いい、なにも言うな。」
佐伯「モテモテだな。」この表情好きかも。

私服のセンスは前作と比べればマトモになってる。今回はピュア系が一番アレかも。
ポイントカードって妙な所でリアルだな。
クリスの私服はやっぱ独特やな。(サンプルボイスでどんなイロモノと思ってたが)。ジャージは名前入りですかはね学は。
声優インタビューは半ページずつ。

薄いなと思ってたら100P弱。1300円はちと高いような。

気づけば2週間切ってるんだね。
一周目は、メイン除く普通の子系の同級生3人のどれかで様子見の予定。先生に行くのはある程度我慢。

ハウルは珍しく映画館で観たけれど、絵はすごく細かくてキレイだったのを覚えている。
前半は「これってキムタク?」だったが、後からやっぱりあの人という感じだったな。少女の姿のときは、あのオバサン声は辛かった。

ふむ

フルキス公式更新
シングルの残り2枚は、学園長&はるタン、葵&中泉の組み合わせ。
えっと、学園長と中泉は攻略対象ですらないですが(中泉ならまだ九条の方が)ネタ2枚は正直キツイ。
 ・・・ラプリが欠けるのはやっぱり寂しいし、麻生ファーストの人が殊更気の毒だなあ。(祥慶祭→ラブレボのコンボ時この人何様とか正直思った覚えが)
こんな形なら、4枚出すことにこだわることもないのでは。
気を持たせるような、2枚ずつの発表のしかたもまずかったような。
元々全プレ込みでセットだと思ってるので、10月のが出るまでまでレビュー待ちするつもりです。コンセプト的に多分ネタでしょうが、楽しめるものに出来てれば、もやっとした気持ちも大分消えるかも。

「殺人事件」のドラマCDは普通に楽しみ。3枚組だとおいくらなのかは気になるが。
買いたいものが他にたくさんある時期から展開されて、個人的には辛いところ。


テレビで見た「ひとり青春アミーゴ」。気の毒な感じが面白かった。

初恋温泉

初恋温泉
吉田 修一
4087748154
温泉を舞台に、5組のカップルの間の温度差や、そこはかとない冷ややかさを描いた短編集。
あの淡々とした文体が、日常との隔絶をうまく表現してる。
表題作はオトコ視点が少し鼻につく。この主人公は、どうしてこんなささいな地雷をうまい具合に踏んでるのだろう。夫婦喧嘩で、夫が妻を壁に押し付けるというのを続けて見て、リンクした話なのかと思った。最後の高校生カップルの話は後味が良かった。女の方が良くも悪くも現実的なところがいい。
温泉にも行きたいな~


意外

芥川賞:伊藤たかみ
直木賞:三浦しをん・森絵都

伊藤氏は角田光代氏の夫ですか。名前から女性だと思ってた。
三浦氏の受賞は意外。あの本は、オタ思考な女子以外にはあまりうけないのではと思っていたから(偏見?ホモ漫画小説好きというエッセイに毒されてるかも)。

で、今コレを読んでたあたり外してるわけですが。
陽気なギャングの日常と襲撃
伊坂 幸太郎
4396208138

「オサレ感」狙いすぎが少し鼻につきますが、前作と比べて面白くなってると思う。
1章の、4人の日常に潜むちょっとしたミステリーが一番面白かった。ユーモアあり、それなりの意外性ありで。
後半がかなりご都合主義な感があるが、登場人物の会話の妙や、誘拐犯のあまりの抜け方はギャグとして結構笑えた。
「ガラスの家に住む者は、石を投げてはいけない」こういう状況、個人的に結構目にする。

フルキスシングルのタイトル
松川兄弟「癒しのMuse」
一哉&瀬伊「今宵CEREMONY」
一度いおりんで明るく弾けた曲も聴いてみたい気もするが、あのコンセプトじゃ違うだろうな。

ブラック

DS Lite ジェットブラック
もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド
9月2日発売か。
ひょっとして、チンクルなにげに力入ってるのか?
その頃にはGS2そこそこキリついてるかな~

ジョグダイヤルが辛くなってきたので機種変。2年もたなかった。
通話とメールが出来さえすればいいので、面倒くさいからあまり変えたくないのだが、変換もままならなかったし。
ショップ見て思ったが、au機はデザインがもう一つだ。

遮断

遮断
古処 誠二
4104629022


戦争末期の沖縄。米軍や猜疑心の塊となった友軍などをかいくぐりながら、はぐれた友人の赤子を探しにいく話。

戦争という極限状況で浮き彫りになる、一人間の弱さ醜さ、そのことへの侮蔑を隠そうとしない人間、それに対しての反発蔑み。そして孤独感。
対敵軍でなくただ生き延びるため動いてることのふがいなさや、軍人としての誇りを全うするための戦い。生への執着ゆえの恥辱・罪悪感がせめぎあう描写は迫力があった。終盤、少しは「救い」と思われる部分はあるけれど、主人公が最後の文のような事を思うのはものすごく切ない。

直木賞のダークホースでは?というのを見て読んだ。正直この作家の存在すら知らなかった。
地味だがよくできた話だとは思うので、ありかもしれない。
個人的にドンパチでないシリアスな戦争小説は苦手ですが。


W杯決勝は、3時に起きてみたはいいものの、前半終わったあたりでうつらうつらし始め、ジダンの頭突き見れなかった。
ああいうところでPKはずすのも辛いだろうな。

強運の持ち主

強運の持ち主
瀬尾 まいこ
4163249001

主人公の占い師が迷ってるときに頼る師匠。すごいセンスの料理を出すボーっとした彼氏。「終わりが見える」男子学生に不慣れなアシスタント。皆いい味出してる。
セオリーどおりの話を適当にまくし立てながらも、ネタを仕入れるのにフィールドワークしてるくだりなんか面白い。
それなりの決心があっても、どこかで優しく背中を押されたい、その役回りも巡ってる。
1・2話目の予想外のほのぼのした結末に好感を持った。

任天堂サイトの「チンクルハウス」は何でしょう。○×のポーズ、ホネを貰って回る動作。
何かわいいというのか変に面白い。
このゲームいつ発売なんでしょう。

風に舞いあがるビニールシート

風に舞いあがるビニールシート
森 絵都
4163249206


天才パティシエに振り回され、美濃焼の器を探しに奔走する秘書。
捨て犬の里親探しボランティアをする主婦。
社会人学生と腕利きのレポート代筆屋。
とある事件でその世界を離れた仏像の修復職人
クレーム処理に向かう中年男と、同窓会開催に必死な若手営業マン。
離婚した元夫を紛争地で亡くし、抜け殻状態の国連機関職員。

登場人物のバリエーションに富む、視点のあたたかさに癒される短編集。自分的には当たりだった。
優しさの方向にもいろんなベクトルがあって、どれも間違いではないから切ない心情にも新鮮さを感じたりもするのだな。大局的視点と、身近なものへ向く思いとか。
落ちのつけ方はどれも気持ちいい終わり方だった。
平和ボケでいられるのは、かなり幸せなことだ。

直木賞は、話・テーマ的にはこの本本命くさいなーと思った。読んだのは3冊だけだが(後は砂漠、まほろ)。順番的には伊坂氏な雰囲気か。
あ、W受賞というのもあるか。

目覚めたらミサイル発射のニュースばかりで驚いた。つくづく何を考えてるのかわからない所だ。

ほえ

『HERO』最初は面白かったが、テンポがあまりよくなかったかな。町人の半分が関連会社で働くような田舎での話というのが良くなかったのかも。最後の東京のシーンを見て、ああいうテンポを求めてたのだと思った。着メロで「さかなさかな♪~」が流れたとき少しこけた。

それより頭のほうで「中田引退」の速報が流れて驚いた。
4年後も代表でいるのはさすがに厳しそうだし、完全燃焼したということなのかな。今後が少し気になる。

GS2のはばたきセンター試験をやってみたら、70、60、90だった。
2関連の問題があまり出来なかった。マニアックな問題がほとんどわからなかったのはむしろホッとすべきなのか。

銃とチョコレート

銃とチョコレート
乙一
406270580X


文章にやたらひらがなが多くて少し読みにくい。
登場人物の名前がチョコ系ばかりなところに遊び心を感じる。
ミステリー物に擦れてない時期に読めば、ドキドキハラハラしながら読めただろうな。
メインどころの性格破綻者達は、ダークでちょっと笑えなかった。

この人の本は『GOTH』を半分ぐらいだけ読んだことがある。最初は凄く面白かったのだが、だんだんパターンが好きになれなくて挫折。


ときメモGS2の先生と花屋のサンプルボイスを聴いた。
先生凄く好みかも。花屋は落ち着いたトーンの好雄という感じ。
気づけば発売まであと一月か。

久しぶりに髪の長さを少し短くした。
多くて「しっかりした髪」なので、長さ変えてその分梳いてもらったら床に積もってる量がなかなかだ。

「大人年齢診断」をやってみた。http://asahi.co.jp/php/hajime/adcheck.php
大人年齢16歳…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。