スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日

もうすぐ今年も終わりですね。
年末ってどうしてこんなにせわしないのでしょう。

6月からブログを始めてみて、文章を書くことは難しいと実感する日々でした。おそらく来年もこんな感じで行くと思います。知人に知らせずにこっそりと書いているのですが、ひょっとしてバレてはいない?と思い当たらなくもないことが。

GSは初代ときメモ経験者が周囲にちょくちょくいるので、何人かは知ってるのです、家族にプレイしてるところも見られたし…。
その他の同ジャンルのゲームはひた隠しだから。CDまで見られることがあれば、さすがに立ち直れないと思う。

話変わって、
個人的に今年読んだ本の中から気に入った5冊を挙げるとしたら

サウスバウンド
魂萌え!
古道具 中野商店
風味絶佳
死神の精度
(順不同)
という感じかな。

キャラ立ちしてるか、感情の機微を感じ取れる物が今の好みみたいです。

それでは皆さん、良いお年を!
スポンサーサイト

強気な小心者ちゃん

強気な小心者ちゃん
鈴木 ともこ
4840112436


自意識過剰ぶりに共感して笑ったり、自分より上手がいるよと妙な安心をしたり。
この漫画全部に当てはまってたらやたらと疲れてそうだ。
こういう性格のおかげで、人生味わい深くなるよという格言がミソか。

ラジフル最終回

セルピュータのサイトに薔薇PILGRIMの試聴があがってた。やはり懐かしの歌謡曲路線。個人的には薔薇ラビの方がきてるかなあ。全部聴いて歌詞見ないとなんとも言えないが。

ガンばら、そういや荻原氏は1回もやってなかったけ。家族の前で乙女ゲなんてできないよ。
成瀬氏は計算キャラ扱い。「僕のこと嫌いですか?」「うん」というようなのやっぱり出てきたな(笑)
SEシリーズは前世ゴキブリにガサガサガサは面白かった。
依織が(女の子を)狙ってる笑みが黒いーと思ってたら、どこからバルタン星人が
「狂い咲き」と言うのは「チャンチャカチャンチャン」の部分かな、壊れてたし。(後日追記:祥慶祭前日に「エンタ~」見て初めて小梅太夫知りました)
カチューシャを「望さんつけますか」「後で」のやりとりがウケタ。

1年間お疲れさまでした。なんだかんだ言いながら面白かったです。キャラのゲームで見えてなかった面などが出てて。声優さんたちも芸風がバラけてて、結構面白い方々で。

リアルタイムで聴いてないのって結局数えるほどだったな。1回目は目覚めたらEDトークだった上に、2人の声の区別もつかなかったのを思えばしみじみするものが。

欲を出してはいけません

年賀状多分完了。もう漏れてないよな。

ハーツクライが無性に気になっていた、ディープインパクトは多分2着だろうと。
この二つの勘がどうして組み合わせに結びつかないのでしょうか。(こういう時に馬単買うべきなんだ多分)
ちなみに自分は記念に単勝馬券買うようなロマンチストではありません、増える可能性があってなんぼです(だから取れない)。
ディープは好きですよ、大レースで躓いたり無駄に大回りしても勝ってしまう規格外なところが。

思い立ったらチャリで買いに行けるような所に住んでるのも、こんな時には良し悪しです。



ザ花立読み。逆ハーにするつもりなのかな。
思い切り瀬伊メイン。とうとう「むぎちゃん」呼びに。それ見て微妙な反応する一哉。
そういえばゲームでも、あの偽バイオリンのでラブパラ結構上がってた記憶がある。
男の子をおぶって行こうとするムチャさがむぎだよなーと。
次は依織かな?一哉麻生に比べて参戦モードという感じがしないのはキャラ的なもの?

本当はちがうんだ日記

の上に、しっかり積もっていて驚いた。
日曜日はまだうっすら程度だったのに。
こんな中出かけたないんやけどー!!

本当はちがうんだ日記
穂村 弘
4087747662


何歳になっても、「今はまだ人生のリハーサル」そう思いたい気持ちはよくわかります、わかりますようん。
 
最初の方が情けなさ全開ぶりが冴えてて良かった。女性に対するエピソードは、ダメかつ勝手さが妙にリアル。
エスプレッソが好きなのに、苦くて飲めなかったり、
何かのギャグのように、自己啓発本のタイトルが並んでて、線引いて精読してるのに、素敵な自分になる実感が無かったりとつかみからいい味。

元恋人に留守中に侵入され、金魚のエサだけ補充されたり、部屋の中にシャボン玉が浮いてたりする知人達。「女子中学生立読み自由」の張り紙のある古本屋。シュールだ。

あとがきで白髪の鼻毛を連れの女性に渡したというのが一番笑えた。
そこからでもいい風に開き直れたらいいな。


そういえば、遙か3の続編が出るらしいのか。十六夜やってない自分が言うのもなんだけど、あのキャラ達・あの世界で現代設定はちょっと・・・。

20日だし

フルキス公式更新日。サイト見る前に雑誌立ち読みした。告白シーンありのムービーとかは敢えて今見たくないや、どの道プレイするし。前作よりはサスペンス度アップ?とか、松川兄弟はやっぱドロドロ?とか。
家政婦パートが情報アイコンいっぱい出て、やりこみやすくなったのは嬉しいなと。いくらゲーム好きでも、EDコンプするには休憩が必要だったしアレは。
画面写真結構多く出てたな。レ恋愛イベント、vsモードとかキャラの心理描写とか結構踏み込んでるのかな。

春タンラジオか(笑)夏ぐらい最後に出てなかったな。あのテンションもたまには聴きたかった。ラプリ2周ごとぐらいの出演なら、丁度良かったんだろうな。

ライブの特設サイト見ると、なんていうか大変そうだなーと。
えっと、ペンライトって・・・そういうノリのライブなの?

ラジフルラス2

4人揃ってると個性出るな。前に比べて打ち解けてるのがよくわかって楽しいな。言葉の応酬早くて、所々かぶって聞き取れなかった(笑)。
今回は佐々木氏のマイペースと成瀬氏の突っ走りが目立ってたように感じた。
ガンばらは意味が頭に到達するのに1分ぐらいかかった。しょうすい
何様の最初のああ持ってったのはさすがというか(笑)
おねプリはむしろお便り読む人のセリフの読み方がテンション高。欧米テイストらしい吐息笑えた。プラス12kgはさすがにね。

朝見たらプチカプが更新されていた。公式の予約は26日から。特典はラブボイスCD?どこで買おうか考え中。
ライブチケットプレゼントもあるのね。

ネタない

起きたらうっすら雪景色。最低気温は-2.6℃
歩道や路肩は昼ぐらいでも所々凍ってる、その部分だけ白いままで。
わりと積雪する所に通ってた頃、転んで白いコートをダメにした嫌な思い出が・・・。あれ以来転ばなくなりましたが。

時間過ぎるの早いよ、ううう。
大掃除はほとんど手付かずです。
買った卵の賞味期限はもう来年だよ。

あわあわ

ときメモGS2は3/23発売ですか、春にあわせてきたか。ちなみに現時点での第一印象はハリーかな。早く他キャラの情報が見たい。ときメモだけはやってみないとわからないけどね。
1月から丁度1ヶ月ごとに乙女ゲー買うことになるというのも何だなーとは思ってます一応は。

フルキス2のアニメイト限定版の特典はドラマCDで一次締め切り今日らしい。他店や公式にも違う特典ついてたりするんだろうなー。特典買いできる状況でなくなったので様子見します。
祥慶祭チケのオークション見たけど、入札額にも驚いてるが希望落札価格5万ってエラく強気やな。欲に目が眩む気持ちはよくわかるけど。

つくづく運次第

e-カプで昼の部のチケ取れました。注文確定メールも確認。ADSL1.5Mの回線でも繋がる時は繋がるらしい。
10分前にログインだけしておこうと思ったら鯖落ちしてたので終わったなと思ってたが、粘ってたら何とか見れた。でも、一つ一つの画面動くのに数分以上かかってる、問い合わせ番号表示されたの22分ぐらいで殆ど諦めモードだった。別ウインドウで20分に在庫なし出たとか見てたしね。

更新とか連打しないで動くまでひたすら待ってたのは、某所の福袋争奪戦に敗れた時にちょっとは学習したらしい。ちなみに土曜日はローソンに行ける状況ではなく、電話は繋がらず。

新幹線代やその後のことを考えると寒い思いもするけれど(横浜遠いよ)、頑張って楽しめる方向に持っていきたいです。いやあ勢いって怖い。ネットに煽られて、チケット争奪祭というイベントに参加したようなものだし。騒ぎのせいで、転売屋だけでなく自分みたいなのも結構呼び込んでるんじゃないかな。
関東方面は約1年ぶりくらいだが、何故か今まで横浜には行ったことがないなあと。当然この手のイベントは行ったことがなく、正直ちょっとビクビクしてます。

キャンセル分や抽選販売で、一人でも多くの家政婦さんたちがチケット取れることを願ってます。

ラジフル12/12

1年やれば50回なるやね。
「アンパーンチ」「 チェーンメールなんてチェーンだ」「ネズミ講ならまだ儲かるからいいじゃん」 佐々木氏はHGやメイドカフェを知らなかったらしい。 TV全然見ないんやろなー

図書館の神様

図書館の神様
瀬尾 まいこ
4838714467

高校講師・清と、一人しかいない文芸部員の垣内君の交流をベースにした物語。
傷ついて身動きが取れなくて惰性的な日々を過ごしてる時間なら、不倫というだけでの苦しみはさほどでもなく、誰かがいることの方が大事というのもあるかもな。将来など考えなくていいという意味では楽・・・そういう考え方もあったんだと。それでも自分以外に一番がいるとか、帰っていく場所があるということに耐えられなくなる日が来るようだが。この話、主人公がまっすぐな本来の姿を取り戻してく話だし、相手もこだわり屋で、決して不倫向きじゃなさそうなタイプだし。

清と垣内君のやりとりも、対等な大人という感じで面白い。無知な主人公の感想は著者流のオススメなんだろうな。だが当方ここにあがってる名作たち、殆ど読んでないや。夏目漱石の短編集だけ、どうにも読んだ覚えはないのに話はきいたことある感覚。
書評本とか見ると、面白そうとか思うのよ、昔の名作たち。「百年の誤読」など、昔の本の書評はノリがいい、ネタにしてる小説が濃いーんだろうなというのがわかる。

天使のナイフ

塾の殺人事件、どっかで見た景色だと思っていたら、昔住んでた所の行動範囲だった。本当最近ありえない事件多いなー。

天使のナイフ
薬丸 岳
4062130556


中盤までは、少年事件でのやりきれなさを丁寧に書いている。丁寧ゆえにやや説明くさいが、その分読んでてしんどいし、好感が持てる。
中盤以降、展開が激しくなり、どんでん返しが続く。

なんていうか、一人一人にいろんな物背負わせすぎ。登場人物たちの背景に意外性を持たせているが、怒りややりきれなさの持って行き場所のない展開になってるよね。刑事責任無能力者の犯罪がテーマだと、そこが一番の核心なんだろうけど。その分救いがないというか、キツイ。
一番最後が「そうきたか」と一番の驚きだった。



近づいてきたのかな

ラブレボは、キャストコメントから百合香嬢が期待通りイジメてくれるようなのが楽しみ。

ラジオ
次回放送は15日24:00から、17日の放送も通常通りあるようだ。

序盤は岩盤浴話。
櫻井氏は点滴を打って倒れたことがあるらしい。「あの人細いし」って
浪川氏は12月に五曲歌わされたとかで、声が時々枯れてる様子。
情報コーナーはビズログと、東京・大阪で21~28日に駅貼りポスター貼るということ

県庁の星

ワールドカップ1次リーグの組み合わせ決まったけど、正直無理そうですね。テレビ見てたら「F組だけは勘弁」と言ってるそばから入って、思わず笑ってしまいましたが。健闘を祈ります。

県庁の星
桂 望実
4093861501


確かに娯楽映画には向いてるかも。役人・スーパー両方の駄目なところがわかりやすくデフォルメされてて。スーッと読めます。柴咲コウが演るのは、あの裏店長のオバサンの役回りなんだろか。アレはオバサンにしておいた方がよさそう。彼女の私生活の苦味(元夫や息子と行き違いや理解しあうところなど)があって、「裏店長」の説得力があると思うのだが。

場面切替時、誰の視点で語ってるのか分かりにくかった。苗字と名前が結びつかない。
人物的にはこういう人いるな~(苦笑)と頷いてみたり。
双方の短所と長所がぶつかり合って、スーパーが良い方に変わっていくくだりは、やや安易な感はあるが爽快だった。頑張らなきゃな~とは思わせられました。










Bランクの恋人

こんなに急に寒くならないで~
ひきかけの風邪が一晩で治ってなにより、処分品の風邪薬もバカに出来ません。
布団の中でぬくぬくでなけりゃラジオなんて聴けやしない。

Bランクの恋人
平 安寿子
4408534803


意地悪目線で書かれた恋愛短編集。
自己愛の強い人間には特にグサっとくる表現が多い。愛情に関しては「ケチンボ」な自覚はあるので、利息までは求めないと思うけど。

個人的に面白かったのは表題作。モテることが何より大事な男のしょーもなさがありがちで面白い。
モテるための努力が仕事にも生き始めたが、代わりに向き合いたくなかった自分のウブさに傷ついたり。
でもこの主人公の開けっぴろげな正直さは嫌いではないし、へこんだままで終わらないラストは好きだ。世の中の大半はBランクなのは事実なわけで。

2話目も好きだ、お調子者男としっかり者女房が結婚を決めるシーンが、古き良き時代の漫談のようで温かい。
終盤の「愛の口稽古」が「それより強力な口説き文句」に転がされるのが全てだな。


フルキス公式更新

朝だけどもう公式サイト更新されてた。
探偵パラの「動物捜索人」てのに笑える。
今回も横恋慕ありっぽいのがな・・・ゲームキャラにそういう思う事自体終わってる気がするよ我ながら。
告白断るのはどうってことないが、2人目ルートを画面ちゃんと見ず通り過ぎたわけで。
皇とくっついた時の依織も辛そうとか思ってしまったり。

体験版応募のために花ゆめも買った。今回のは割りと読む漫画あったな。(この雑誌の連載ってそんなに毎号きちんと載ってないよね、最初驚いた)

追記 ラジフル
今回はラジオドラマ5回やるのか。
一哉がセクハラオヤジだし、けん制するいおりんは怖い。
最後は皆出てきてドタバタという感じだが、英二郎ってあんなだったっけ?よく覚えてない。

ぶちぶちぶち

ネットサービスはつくづくiモードばかりで、公共系の物までだと更にやさぐれ。
ド●モは自分の行動範囲では通話中の電波イマイチな割に、周りはその愛用者多し。

ラブレボラジオ
手首米粒貼りダイエット。
ふつおたは、数学苦手話と名前の由来。そういや二人同じ名前なんだな。官職由来?
流れた曲はミュージカルテニプリの曲
キシリトールガム、癖になってる人多いな。(あの手の甘味料は悉くお腹ゆるくなる人)
情報コーナーは先週と同じ事言ってたような。某祭典の数字の読み方・・・

ローソンチケサイト、5日正午復旧予定か。

何かスペース空いてると思ってたら、デスノートが持ち出されてた。今まで存在すら知らなかったらしく、「これ面白いな、続きないの?」ですと。
私の中のデスノは7巻で終わっております。
Lみたいなライバルが出て面白くなったらまた読むかも。

今頃

花より男子を読み始めました。とりあえず完全版の1巻読み終わりましたが、やっぱり面白い。ファッションや登場人物の名前に時代を感じて思わずクスリ。
書店で1・2巻だけ抜けてるのを見かけると、考えることが同じな人は多いようで。
とりあえず、類はドラマの方も悪くないけど、原作のたたずまいの方が好みかもしれない。


フルキス2発売日が2/23という情報が出てるみたいで、ギリギリ冬?
公式サイトがリニュされてたFF12避け日程?ポーション・・・
幻水は1のみプレイ済。遊びやすくてよくまとまったゲームとは思ったが、ハマるまでには至らなかった。ドラクエっぽいなと思いながらやってた記憶が。

おまけのこ

気がつけばもう12月。バタバタしてるというのに10時過ぎには寝ついてしまいます。あああ・・・

おまけのこ
畠中 恵
4104507040


身体の弱い若だんなと妖たちがおりなす人情推理帖。五編の短編集でシリーズ物らしい。
人情風味が強くてちょっとパンチが弱い感じがした。
3話目、子どものころの若だんなの友人達との冒険をみて、いつも世話をかけさせて身を小さくしている彼への救いという感じがした。

いちばんいいのは最後の表題作かな。推理物としての体裁もできてるし、ほぼ主役状態の鳴家のキャラのトボケぶりと、ちょっとした冒険といった感じで面白い。
甘いものが皆を和ませてるのがほのぼの。あんなに世話をかけさせる若だんなが皆からかわいがられる理由がよくわかるラストがきれいだった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。